午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「こねこのミーシャ」「ミトン」他、ロシアのストップモーションアニメ名作集

ミトン+こねこのミーシャ、ロマンカチャ―ノフ短編集 [DVD]

概要・あらすじ

チェブラーシカやミトンで知られるロシアの人形アニメーション作家、ロマン・カチャーノフ監督作品。

没後20年に当たる2013年に日本で初公開、今年になってDVD化された。

表題作を含め、6作品の短編集。

ある日、こねこのミーシャが住んでいた古い家が壊され、新しい建物が建つことになった。

「わたしのおうち?」

働く車たちを手伝おうとしたり、ねずみや雀たちとのやりとりがかわいい。

ミーシャは新しい居場所を見つけられるか。

収録作品

  • 「こねこのミーシャ」(1963)初DVD化
  • 「ミトン」(1967)
  • 「迷子のブヌーチカ」(1966)初DVD化
  • 「レター」(1970)
  • 「ママ」(1972)
  • 「ノビチェク」(1961)日本未公開

  

予告編


映画『ミトン+こねこのミーシャ』予告編 - YouTube

こねこのミーシャ

ロマン・カチャーノフ監督作品、パペットアニメ「こねこのミーシャ」

広場に取り残された古い家、ミーシャは、そこで暮らしていました。

建設ラッシュが続く中、住む人の居なくなったその家も壊される日がやってきます。

雨の中を悲しみ戸惑うミーシャに、ブルドーザーのおじさんが声をかけます。

今夜は中で休んでいくといいよ。まだ暖かいんだ。

 

運転席の中でミーシャが見る夢は、きれいな暖かい部屋で、食べ物にも遊びにも困らない幸せな時間でした。

翌日、建設のための車たちが歌いながら行進してやってきて、新しい建物をつくりはじめます。

 

このあたりが異様というか不気味とも思える描写なのですが、歌のリズムにノッているミーシャがかわいい場面でもあります。

幸せな生活を夢見て、車たちを手伝おうとするミーシャ、新しい建物の中に、望んでいたものはあるのでしょうか。

 

この作品が作られた60年代のソ連はどんな国だったのでしょうか。社会風刺を含みながらも希望のあるラストでした。

 

ミトン

ロマン・カチャーノフ監督作品、パペットアニメ「ミトン」

雪の日、子供たちの遊ぶ姿を窓から眺めていたアーニャは犬が欲しくて堪らなくなり、近所のうちから子犬を貰ってきます。

アーニャのママは本を読むのに夢中で、まともに取り合ってはくれません。

仕方なく手袋を犬に見立てて遊んでいると…

 

手袋を撫でる手の動きとか本を読みながらコートを脱ぐ母親とかスピーカーの動きとか、描写が細かくてかわいいんですよ。

セリフはないけれど、アーニャの寂しげな様子、手袋にミルクを飲ませようとするアーニャに心をうたれる母親の姿、とても伝わってきます。

リピートすること間違いなしですよ。

こちらは絵本も出てます。

関連記事