午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「バグダッド・カフェ」渇いた砂漠に潤いをもらたす女神

バグダッド・カフェ

「バグダッド・カフェ」はパーシー・アドロン監督による1987年公開の映画。

ミニシアター系の映画が注目されるきっかけになったとも言われる作品である。

1987年の劇場公開版、1994年の完全版、2008年のディレクターズカット版の3種類。

最新版では構図や色合いを調整してあり、青と黄色のコントラストがきれい。

 

概要・あらすじ

アメリカの旧国道ルート66沿いのモーテル、バグダッド・カフェ。

コーヒー・マシンは故障中でビールもない。

がらくただらけのオフィスに埃の積もった部屋。

世界の果てのようなこの地に、西ドイツからの旅行者ヤスミン(ジャスミン)がやってくる。

車もなく、荷物は男物、現金もカードも持たない彼女の存在を、カフェの主人ブレンダは怪しむが。

予告編動画

Out of Rosenheim (1987) Trailer - YouTube

コーヒーの濃さ、名前を読めるかどうかにも関係性が表れていて、保安官とブレンダのやりとりの際のカメラワークもおもしろい。

幸せの象徴、黄色いポット

物語は一組の夫婦が西海岸からラスベガスをめざしルート66をやってくる所から始まる。

休憩のために寄った元キャンプ場で、けんかをした二人、荷物を持って歩き出すヤスミンを置いて、夫は車で走り去り、後には黄色いポットが残る。

このポットがバグダッド・カフェの主人ブレンダの夫サルに拾われたことで、ヤスミンはカフェの前に立つことになる。

カフェとは名ばかりの、乾ききったオアシスに、黄色いポットとヤスミンが降り立つことで、精神的にも物理的にも風通しがよくなってくるのだった。

 

ポットの中身はコーヒーで、サルはそれをお客に出すわけだけど、普通の感覚ではありえない行動。

でもここではありえないことが起こる。

ヤスミンとブレンダの関係

ヤスミンがバグダッド・カフェに辿り着いた時、ブレンダは夫とけんかして出て行かれた直後だった。

二人に笑顔はない。

共に同じような状況ではあっても、その行動は対照的だ。

椅子に座って涙を流すブレンダと、カフェの前で汗を拭うヤスミン。

 

本作は二人の関係が軸になっている。

男たちはそれぞれ重要な役割はあれど、二人のお膳立てをする存在。

ジャケットの絵は、タンクを掃除するヤスミンだが、この行動を起点として機能していなかったバグダッド・カフェの時間が動き出す。

 

気になるのは、きれいになったモーテルのオフィスを見たブレンダのセリフ。

「ここはオフィスだった。それがどうだい。空っぽだ。」

ここだけ異質な感じがする。

 

見違えたオフィスは新しい空気を取り入れ、異質なものの存在する余地を与えた。

テーマ曲「Calling You」

冒頭から流れる主題歌Calling You。郷愁を誘うメロディ。

曲自体も有名になり、たくさんカバーされたが、この作品をよく表した歌詞になっている。

 

Jevetta Steele : Calling You - YouTube

I am calling you.

Can't you hear me ?

あとがき 

パーシー・アドロン監督は、尊敬する監督としてフェデリコ・フェリーニを挙げていたことがある。

代表作「道」に登場する主人公、ジェルソミーナが本作のヤスミンの由来なのではないだろうか。

ヤスミン(ジェルソミーナ)は英語名ジャスミン。

花言葉は「神からの贈り物」。

 

原題:Out of Rosenheim

監督:パーシー・アドロン

出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト / CCH・パウンダー / ジャック・パランス /  クリスティーネ・カウフマン / モニカ・カルフーン / ダロン・フラッグ / ジョージ・アグィラー

 

関連記事