読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

映画「リトル・ダンサー」ビリー・エリオット:炭鉱の町で、少年はバレエ・ダンサーを夢見る

映画リトル・ダンサー(ビリー・エリオット)

「リトル・ダンサー」はスティーヴン・ダルドリー監督による2000年公開の映画。

1984年、サッチャー政権時代のイギリスの炭鉱の町でダンスに夢中になるビリー少年の物語。

 

あらすじ

イギリスの炭鉱の町ダラム(ダーラム)。

11歳のビリーは父と兄、祖母と暮らしていた。

父や兄は炭鉱労働者であったが、労働組合によるストで休職中。

母は前年に亡くなり、ビリーは認知症の祖母の世話をしながらボクシングの練習に通う。

ビリーも友人のマイケルも、あまりボクシングが好きではなかった。

ストの影響で、バレエの教室が同じフロアに移ってくることになるが、ビリーは次第に興味を惹かれていく。 

 

予告編動画

Billy Elliot - trailer - YouTube

 

イギリスと炭鉱の町

イギリス、炭鉱の町、ストライキとくると、ジョン・フォード監督の「わが谷は緑なりき」を思い出さずにはいられない。

1941年に公開され、アカデミー作品賞と3度目の監督賞を獲得した。(5部門受賞)

時代は違うが、不況によるストへの突入と、そのリーダーになる兄、結果としてスト破りとなる父との対立、ボクシングを習う末っ子。

そして自分たちとは違う未来を望む。

かなり意識して作られているはずだ。

ちなみに脚本家が影響を明言しているのはケン・ローチ監督の「ケス」であった。

 

1984年、政府は財政難から赤字の炭鉱を閉鎖することを決定し、それを不服とする労働組合はストライキを決行。

彼らには厳しい生活が待っていた。

 

男がバレエなんて

この町では男たちは皆成長すると炭鉱で働くようになる。

父がそうであるように、力強く、頑固で、息子にもたくましく育つことを望んでいた。

そしてビリーがボクシングの練習を休んでバレエをやっていたことに激怒する。

男ならフットボールやボクシング、レスリングをやれという。

 

この父を納得させるのは容易ではなさそうだ。

バレエを教えるウィルキンソン夫人に才能を見出され、ダンサーになる夢を追うビリーと家族の葛藤が本作の主軸で、予告編でも見られる部分。

特に父の息子を思う愛情に泣ける。

 

latte.la

父の反対の理由についてはこの記事が参考になる。本作のことにも触れられている。

 

母のピアノと音楽

ビリーがバレエにのめり込むのは、祖母と亡き母の影響がある。

祖母は若い頃はバレエダンサーであり、母はフレッド・アステアの大ファンだった。

 

本筋以外で気になるのは、ビリーが母の形見のピアノを音を探りながら弾くシーン。

この鍵盤には文字が書いてある。

はっきりとは見づらいんだけど、おそらくCとAだ。

これは、僕も小さい頃やった覚えがある。

マジックで書いた文字を見た時、母はさすがに驚いていたが、あえて消そうとはしなかったな。

弾きたいという気持ちを優先してくれたんだろうと今では思う。

 

ビリーを一貫して応援してくれるのは祖母。

認知症で度々同じことを言うんだけれど、その言葉はビリーを支えてくれる。

辿々しい音を鼻歌で後押ししてくれるように。

メロディは形にならない「My Favorite Things」のようで、ちょっと違う。

 

普段母のことを話さない父の思いが分かるのもピアノのおかげだ。

 

オープニングはビリーが兄のレコードをこっそりかけるところから。

曲はT-Rexの「Cosmic Dancer」。

これはアルバムの2曲めにあたる。

当時は曲の頭出しは手動でやるしかなかった。

曲間に少し広めの溝があって、そこを狙って針を落とす。

緊張と期待の瞬間。そして1回目は失敗する。

こういう部分がいいな。

 

T. Rex - Cosmic dancer - YouTube

あとがき

この映画はすごく好きな作品で、マイ・オールタイム・ベストを選ぶなら10位以内に入れると思う。

公開後、ミュージカル版も制作され高い評価を受けているようだ。

先日、2017年に日本での上演が決定したとのニュースがあった。 

  

原題:Billy Elliot

監督:スティーヴン・ダルドリー

出演:ジェイミー・ベル / ジュリー・ウォルターズ / ゲアリー・ルイス / ジェイミー・ドレイヴン / ジーン・ヘイウッド / スチュアート・ウェルズ / アダム・クーパー 

 

ミュージカル版の方は動画配信でも観られる。 

 

こちらも名作。 

 

関連記事 

映画「ベル&セバスチャン」アルプスの村の犬と少年の友情

「ふたつの名前を持つ少年」ナチス占領下を生き抜いたユダヤ人の少年

「リトルプリンス 星の王子さまと私」大人になっても忘れないで