午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)が連載開始したので読んでみた。恩田希が新チームで再び登場!

さよなら私のクラマー(新川直司)

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。

2016年6月号より月刊少年マガジンで連載を開始した。

 

1ヶ月ほど前、ニュースのチェックをしている時に見つけた記事がこれ。 

この題材でこのタイトルということは、気になることが一つある。

作者は「四月は君の嘘」を連載する前、男子サッカー部に所属する女子選手の物語「さよならフットボール」を描いていた。 

恩田希は藤第一中学の男子サッカー部に所属する14歳の女の子。 あだ名は藤一のエリック・カントナ*1。 スポーツ少年団の頃から周囲を圧倒するテクニックを持っていたが、成長期の男子選手たちに体格で追い越されていく。 「私には たぶん 時間がないんだよ」 秋の新人戦の1回戦、希にはどうしても出場したい理由があった。

「さよならフットボール」性別の壁に向き合うサッカー少女の挑戦(新川直司) - 午前3時の太陽

全2巻という短さながら、いい作品だった。

これとの関連はあるのか、さらに言えば彼女のその後が見たいところだ。

続編にあたるのか、それとも完全新作なのか。

 

あらすじ 

中学時代、学校が近かったせいで常に試合で競ってきた二人、曽志崎緑と周防すみれ。

片や全国区で注目される選手、片やチームメイトにめぐまれない弱小校のエース。

周防の才能を惜しんだ曽志崎は、卒業後同じチームに行くことを提案する。

二人が入学した蕨青南高校には、同じように活躍の機会のなかった選手たちが集まっていた。

 

さよなら私のクラマー(新川直司)田勢恵梨子
(「さよなら私のクラマー」1話より)

強豪校相手に孤軍奮闘していたキャプテンの田勢(当時1年)。

二人が入学する決め手になった人物。 

 

そしてもう一人。

 

新川直司の新連載「さよなら私のクラマー」より恩田希
(「さよなら私のクラマー」1話より)

この瞬間を待っていた!

 

コミック発売は秋くらい?

連載開始したばかりだけど、第一話69ページ、第二話は63ページと、このペースでいくと単行本1巻は意外と早く出るかもしれない。

今回は気になって月マガを買ってみたけど、次回からどうしよう。

 

追記:

月刊マガジン7月号の第2話において、1巻の発売日が発表された。

2016年8月17日。思っていたより早い!そして予約開始

短編集「四月は君の嘘 Coda」も同時発売とのこと。

 

前作をまだ読んでないならそちらからがおすすめ。

関連記事