読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「ドリフターズ」(平野耕太)英雄たちの異世界決戦【2016秋アニメ】

「ドリフターズ」(平野耕太)1話扉絵、関ヶ原の島津豊久

「ドリフターズ」は平野耕太による漫画作品とそれを原作とするTVアニメ。

古今東西の偉人・英雄たちが異世界で、二つの勢力に分かれ戦うという夢の共演である。

2016年10月からアニメ版が放送を開始。

あらすじ

時は1600年、関ヶ原・烏頭坂。西軍劣勢で退路を断たれた戦国武将・島津豊久は、伯父・島津義弘を薩摩へ戻すため“捨てがまり”で敵の大将・井伊直政の首を狙う。捨て身の戦法で見事直政に一矢報いるも、首を取るまでには至らず瀕死の重傷を負った豊久。満身創痍で山中を彷徨っていると、突如、奇妙な空間に足を踏み入れる。

(公式サイトより)

西軍で参戦した島津勢は進退窮まっていた。

味方側が総崩れになる中、後方は山に囲まれ、前方は東軍が迫る。

退路を切り開くために、選んだのは敵本体への正面突破。 

島津豊久は、大将の義弘を逃がすために殿(しんがり)を買って出る。

ところが 

予告編と関連動画

ドリフターズ 京都上洛記念 期間限定公開 京まふご当地PV - YouTube

 

DRIFTERS放送開始PV - YouTube

漂流者と廃棄物 

瀕死のまま彷徨っていた豊久は、いつのまにか謎の空間に辿り着く。 

 

「ドリフターズ」(平野耕太)紫と豊久

(「ドリフターズ」1巻より)

どこまで続くのか分からない通路と、左右に並ぶ扉。

正面には机に座って新聞を読む男。

ここに辿り着いたものはドリフターズ(漂流者)として、別の世界に送られる。

 

その男、紫と、対立する女、EASY。 

「ドリフターズ」(平野耕太)紫とEASY

(「ドリフターズ」1巻より)

EASYの側に辿り着いたものは、エンド(廃棄物) と呼ばれ、同様に異世界へと送り込まれる。

 

この二つの勢力の戦いが熱く展開されるのが本作の見所。

ドリフターズ側には豊久以外に、織田信長、那須与一、安倍晴明、ハンニバル、サンダンス・キッドなど。

エンド側には黒王、土方歳三、ジャンヌ・ダルク、アナスタシア、ラスプーチンなど。

誰もが名前くらいは知っているレベルのキャラが次々に登場する。

アニメ版

アニメ「ドリフターズ」公式サイト

TOKYO MX、Abema TV 金曜23:00〜他

第一幕 FIGHT SONG

アニメの1話目は、原作の4話途中あたりまでを使っている。

信長や与一と出会って、清明がちらっと映る感じ。

関ヶ原の戦いでの、島津退き口部分を拡大して丁寧な入り方をしている印象。

豊久が思ったより重傷だった。よく生きてたね。

その後は原作通りに進んでいくが、予告編で見られるように、再現度は高い。

このペースでいくと、原作ストック分ほとんど使いそうだね。

まだ5巻までだから、どういうまとめ方にするんだろうね。

今期はこれと、夏目友人帳を追う予定。

 

Amazonにも『DRIFTERS/ドリフターズ』特集ができてた。

力入ってるな。 

 

関連記事