午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「いちご100% East Side Story」(河下水希)ジャンプGIGAで新連載、東城がヒロインの番外編

「いちご100% East Side Story」(河下水希)1話扉絵

「いちご100% East Side Story」は河下水希による漫画作品。

2017年4月のジャンプGIGA vol.1で連載を開始した。

 

家の手伝いで古本屋の店番をしている高校生の中間は、将来作家になるのが夢。

最近のお気に入りは女子大生作家として知られる東城綾である。 

小説「夏に歌う者」を書いた時の彼女は、今の中間と同じ年だった。

そのことが彼にとって刺激になっているようだ。

「いちご100% East Side Story」(河下水希)1話より、古書店で店番中の中間
(「いちご100% East Side Story」1話より)

そんなある日、彼はとある客に一目惚れをする。

地味ではあるが、清楚でおしとやかな女の子。

彼女は流行りものの本よりも昔の本が気になっているようで、度々店を訪れている。

そしていちごのパンツが印象的である。 

「いちご100% East Side Story」(河下水希)1話より、めがねとおさげ姿の東城と出会う
(「いちご100% East Side Story」1話より)

 

本作は12年振りの続編に当たるが、前作の1話目を思い出すような始まり方だった。

ネタ的作品として、番外編として、前作を読んでいた人なら楽しめるかもしれない。

いろいろツッコミどころ満載だけど懐かしいノリでいいんじゃないかと。

でもあまり長く続く気はしないかな。

「いちご100% East Side Story」(河下水希)1話より、真中に似た男
(「いちご100% East Side Story」1話より)

中間は、東城が思わず真中と呼び間違うくらいに似ているらしい。 

 

関連して5月11日まで各作品1巻が試し読みできる。 

河下水希 - Kindle本: Kindleストア

 

関連記事