午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー」総勢19名の作家による多彩な一冊、シリーズ第3弾。

「エクレア bleue あなたに響く百合アンソロジー」

百合短篇集「エクレア」の第三弾が発売された。

略称は「エクレア青」。

総勢19名のイラストと漫画を集めた豪華な一冊である。

珠玉の百合短編集がみたびあなたの下へ。恋は綺麗なことばかりじゃない。けれどその想いは美しい。女性同士の特別な関係を、そっと覗いてみませんか? 

イラスト: 

U35(表紙) / のん / 柊ゆたか / ひびき玲音 

漫画:

U35 『ブルーライン』 /  缶乃 『無職とJK』/ 未幡 『運命の私』 / 仲谷鳰 『こみみけーしょん』 / むっしゅ 『少女Sの行方』 / 文尾文 『未完成のプロローグ』 / 奥たまむし 『おっぱいいっぱいの幸せ』 / 結川カズノ 『藪の城』 / フライ 『その先の平行線』 / 唯野影吉 『目を開いて』 / カボちゃ 『たそがれ時のこと』 / 天野しゅにんた 『毀損姉妹』 / 北尾タキ 『サトと泪と女と女』 / ヒロイチ 『恋色ドロップス』 / 伊藤ハチ 『コンプレックスは終わらない』 / 平尾アウリ 『百合漫画をつくろう!』

 

気に入ったものいくつか紹介する。

未幡 『運命の私』

「エクレア bleue」(未幡)『運命の私』より、消しゴムに名前が書いてある?
(「運命の私」より) 

消しゴムに好きな人の名前を書いて、使い切ったら恋が成就するという。

律は占いやおまじないが好きな女の子。

運勢だのラッキーカラーだのをいつも気にしているのは、彼女自身が素直で、難しい恋をしているからでもある。

そんな律のことを、かわいいと感じながらも、ちょっと不満のある星奈。

もっと気にしてほしいことがあるみたい。

先日からアニメで放送されている高木さんを思い出させるネタから始まるがこれはこれで。

仲谷鳰 『こみみけーしょん』

「エクレア bleue」(仲谷鳰)『こみみけーしょん』より、耳さわってもいい?
(「こみみけーしょん」より) 

獣人と普通のヒトが、共存している世界。

転校生のキツネの耳が気になって、仲良くなりたいと願う少女。

意外とあっさり触らせてもらえたのだが、交換条件は、今度は私に触らせてねというもの。

彼女も、自分のとは違うヒトの耳に興味津々だったようだ。

ケモ耳は、態度とは裏腹な感情も見えたりして、動きも含めた表情が魅力だったりするんだけど、ヒトの場合はそうではない。

嫌ならちゃんと言わないとわからないよ?的なね。

そこまで意地悪なわけではないが、思いの外グイグイ来る転校生にたじたじなのであった。

耳フェチ同士のカップリング。

そして寸止め感のある終わり方もいい。

伊藤ハチ 『コンプレックスは終わらない』

「エクレア bleue」(伊藤ハチ)『コンプレックスは終わらない』より、血は争えない
(「コンプレックスは終わらない」より) 

観測範囲内で最も評判が良かったのはこれ。

自分の好きなものを否定された者たちのその後を描いていることもあるかもしれない。

何より、作者のまさに今好きな物描いてます感がすごい。

 

天野沙夜は18禁のおねロリ物をメインにしているエロ漫画家で、自他共に認めるロリコンである。

そんな彼女が一日姪の朝日の面倒を見ることを任された。

さらに、彼女の悩み事を聞き出すことを依頼されるのだった…

間違いが起こっては困ると心配する彼女をよそに、姪っ子はなかなかに手強そうなのである。

平尾アウリ 『百合漫画をつくろう!』

「エクレア bleue」(平尾アウリ)『百合漫画をつくろう!』より、血は争えない
(「百合漫画をつくろう!」より) 

百合漫画とはなんぞや。

商業誌で百合を描いている漫画家と担当編集のネームの打ち合わせを描くメタ的な作品。

百合クラスタの面倒臭さとその中で読まれる作品を目指すことの難しさを感じさせつつ、このネタ自体を百合でまとめる所はさすが。 

あとがき

読切だと初めての作家さんとかにも触れやすくて助かる。

その場合既刊がなかったりもするんだけど楽しみが増えていいかもね。

また、電撃大王2018年3月号でも3作品が出張掲載されていた。

 

関連記事