午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「和泉さんはわりと魔女」1巻(雪白いち)思念の糸が見える少女と宝物返しの日々

「和泉さんはわりと魔女」(雪白いち) 1巻 (MAGCOMI)

「和泉さんはわりと魔女」は雪白いちによる漫画作品。

webコミック誌MAGCOMI(マグコミ)にて 2016年より連載を開始した。

感情表現の苦手な天然少女の和泉さんは、実は魔女だった。 

「魔女だから」天涯孤独で寡黙な女子高校生・和泉雫が、彼女を意識する同じクラスの男子・椎名樹に告げた時、二人の奇妙な共同作業が始まって…? 思春期男女を相互視点でコミカルに描く、ボーイ・ミーツ・魔ガール青春ストーリー!

(「和泉さんはわりと魔女 1巻 (マッグガーデンコミックスBeat'sシリーズ)」より)

和泉さんと椎名くん

育ての親であった藍子さんが亡くなり、和泉雫は独りになった。

実の両親とは折り合いが悪かった彼女を、引き取って面倒を見てくれたという。

葬儀が終わって藍子さんのいない日々が始まっても、未だ泣けないでいる。

そのことで、自分はどこかおかしいんじゃないかと気にしてもいた。

彼女は感情を表に出すのが人よりも苦手なようだ。

「和泉さんはわりと魔女」(雪白いち) 1巻より、藍子さんは魔女だから
(「和泉さんはわりと魔女」1巻より)

休みの間に、彼女のもとに同級生が訪ねてくる。

近所に住んでいるという椎名樹。

彼は学校の届け物を渡しにきただけであったのだが、思い掛けず彼女と行動を共にすることになる。

魔女だった藍子さんが人助けのお礼として受け取っていた品々を、持ち主に返していく作業。

これは藍子さんから雫への最後の贈り物であったようだ。

感情を出すのが苦手な彼女が、人々との交流でそれを克服できるように。

「和泉さんはわりと魔女」(雪白いち) 1巻より、宝物を返すことに
(「和泉さんはわりと魔女」1巻より)

壁一面の大きな薬箪笥。

この中が全部埋まっているのだとすれば、ライフワークになりそうな位の時間がかかりそう。

絡まる糸

藍子さんと暮らしてきた雫にも、少しだけ使える力がある。

それは、思念の糸を見ることができること。

「和泉さんはわりと魔女」(雪白いち) 1巻より、絡まった記憶の糸を解く
(「和泉さんはわりと魔女」1巻より)

使用時の特徴は、力の大きさを表すように髪の長さで表現されている。

これは他の人間には見えないもの。

だからといって魔力だけで解決することはできないので、地道にコンタクトを取っていくことになる。

コミュニケーションが苦手な雫をフォローし、守ってくれるのが椎名の役目。

彼は次第に彼女に惹かれていくが、天然な彼女に伝わる日は来るのか。

「和泉さんはわりと魔女」(雪白いち) 1巻より、和泉さんはわりと天然
(「和泉さんはわりと魔女」1巻より)

少しずつ世界が広がっていくのがいい。

 

1巻のカバーメイキングも公開されている。

動画も見て初めて気付いたけど、毛先の一部がクマになってるんだね。

作中でもクマのぬいぐるみはわりといい仕事をする。 

「和泉さんはわりと魔女」コミックス第1巻 カバーメイキング - YouTube

 

関連記事