午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「柚子森さん」4巻(江島絵理)柚子森さんと同級生/しーちゃんはイケメン

「柚子森さん」(江島絵理)4巻(ビッグコミックススペシャル)

「柚子森さん」は江島絵理による漫画作品。 

やわらかスピリッツで連載中。 

柚子森さんと一緒に歩いているところを、彼女の同級生に見られた日から、二人の間に不穏な空気が漂いだす。

帯の言葉は、「もはや全ページが神域なマンガです。」「この尊さ、もはや聖遺物…!」「“柚子森さん”が誘う新たな彼岸。」

すごいな。

柚子森さんと、みみか。白くて、小さくて、華奢で、凛としている小学生の女の子と、意気地なしでついつい敬語の女子高生との、そわそわ&ほんわかな日々のお話。あいかわらずのいちゃこらな日々。柚子森さんの同級生も加わって・・ なんだかとってもにぎやかです

(「柚子森さん 4 | 小学館」より)

前回はこちら。 

りりはの罠

放課後は一緒に帰り、休日は家でゲームをしたりして過ごす柚子森さんとみみかの二人。

何事もない穏やかな日々が続くが、平和であることが一番なのかもしれない。 

親の帰りが遅い柚子森さんにとっては、みみかといると安心することができる。

彼女が寂しさからか大人びていることは確かだが、親子仲は悪くなさそうであるし、学校でも同級生たちと仲良さそうなところも見られる。

「柚子森さん」(江島絵理)4巻より、イライラするりりは
(「柚子森さん」4巻より)

一部の例外を除いては。 

ほのぼの系?であった柚子森さんの世界に強烈な眼力の持ち主が現れた。 

綾瀬りりは。柚子森さんの同級生の一人である。

彼女は、柚子森さんが楽しそうにしているのが気に入らない。

というより、その関心が自分に向いていないことが許せないといった様子。 

嫉妬のうちで済んでいればまだよかったのかもしれないが、行動力も持ち合わせていたことで波乱が訪れる。

 

みみか陥落。

「柚子森さん」(江島絵理)4巻より、柚子森さんを遠ざけるみみか
(「柚子森さん」4巻より)

自分と過ごす時間を優先していることで、柚子森さんが学校で孤立していると思い込んだみみかは、彼女と距離を置くことを決意する。

この不自然な表情。

相手を思うあまりのこととは言え、ずいぶん極端に行ったなと。

二人の年の差がここに来て効いてきてる。

この時もっと突っ込んで話をできていればよかったのだろうか。

お互いに先回りし過ぎなんだよね。

「柚子森さん」(江島絵理)4巻より、抜け殻になったみみか
(「柚子森さん」4巻より)

そしてみみかは抜け殻に。

以前、しーちゃんにセミの抜け殻みたいと言われたこともあったが、その時とはまた違う抜け殻っぷり。

柚子森さんに嫌われたら生きていけないとまで思っていたのに、自分から突き放すことをしてしまった。

ただただ柚子森さんが寂しい思いをしないようにと願いながら。

「柚子森さん」(江島絵理)4巻より、みみかがいなくなってしまった
(「柚子森さん」4巻より)

柚子森さんはまた以前の生活に戻るが、決定的に違うことがある。

みみかがいない。

出会ったばかりの頃の柚子森さんの言葉を、みみかは思い出せるだろうか。

 

そんな状況を打破できるかもしれない人物がいる。

「柚子森さん」(江島絵理)4巻より、柚子森さんを傘に入れるしーちゃん
(「柚子森さん」4巻より)

ここからのしーちゃんがかっこいいんだ。

惚れちゃうぜ?

あとがき

今回はいつもの百合成分が足りていないせいか、おまけページでは谺(こだま)連発の大盤振る舞いである。

ありがたい。

巻末には、みみかの必殺技である「谺」の詳細解説も付く。

5巻が待ち遠しい。

 

関連記事