午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” 思わぬ再会

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、ニオの再登場

RWBY(ルビー)はモンティ・オウム氏とROOSTER TEETHによるアニメシリーズである。

第5話のタイトルは “The Coming Storm” 。

チームRWBY一行は農場跡らしき建物へたどり着く。

そして、彼女たちを探すシンダーの前に現れたのは… 

 

前回はこちら。

Chapter 5: The Coming Storm

思わぬ再会

ルビーたちの行方を追っているシンダーは、再びミストラルの裏側へと足を踏み入れていた。

この組織は、引き受けた仕事には絶対的な自信を持っているようだ。

一行がアーガスへ向け出発していたことも掴んでいる。

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、シンダーに結果を報告するマラカイト

むしろ前回の時点ですでに把握済みの素振りすら見せていたが、敢えて泳がせていたのだろう。

ルビーたちを、ではない。

このシンダーをだ。

その正体をどこまで知っているのかは不明だが、彼女を恐れる様子がない所、それなりの修羅場は潜ってきているらしい。

ボスの名は“ Lil’ Miss ” Malachite。

元ネタであるマザーグースの「Little Miss Muffet」に絡めてシンダーに皮肉られていたが、確かに老獪なようだ。

捕捉されていたのはシンダーの方である。

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、ニオのドヤ顔

この開いた傘が蜘蛛の巣のように見えないこともない?

そしてこの瞬間を待っていた!

3年振りに登場したニオはドヤ顔も健在だったよ。

Volume 3でのルビーとの戦いで行方不明になって以来である。

彼女はシンダーに雇われたローマンの相棒としての参加だったので、彼亡き後は行動をともにする理由がない。

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、ニオとシンダーの対峙

あるとすれば、ローマンの敵討ちか。

どうやら原因を作ったシンダーを追っていたようだが、ルビーを共通の敵として認識することには同意した模様。

今回で、ニオは超絶無口なのではなく喋れないのだということがはっきりした。

しかし強いね。

秋の乙女の力を使わないシンダーとならほぼ互角くらいには戦えるようだ。

 

一方で、ルビーたちは廃墟となった農場へたどり着いていた。 

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、屋内を捜索するルビワイ 

吹雪の中で避難できたのは幸いだったが、ここは何かがおかしい。

生活の痕跡は残っているのに人気だけがない。

だが、放棄されたわけでも、何かに襲われたわけでもなさそうだ。

食料や燃料も尽きてはいないが、住人たちはベッドで眠るように亡くなっていた。

「RWBY(ルビー)Volume 6」第5話 “The Coming Storm” より、吹雪の中を進むヤンブレ

長居はしない方がよさそうだが、吹雪が止むまで過ごさなければならない。

一人にならないように捜索を開始する彼女たちが見たものとは…?

しかしブレイクが寒そうなのが気になってしょうがないんだけど。

あとがき

次回、第6話は、“Alone in the Woods”

謎の老婆マリーアの正体とは?

FIRST会員は12月2日から。

Alone in the Woods - RWBY - Rooster Teeth

関連記事