午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「さよなら私のクラマー」32話(新川直司)新女王の降臨

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、弱小なめんなよ

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。

月刊少年マガジンで2016年5月より連載を開始した。

32話は、興蓮館との決勝戦、相手はBチームのはずだった…

 

前回はこちら。 

決勝の相手は興蓮館

インターリーグの3位決定戦は栄泉船橋が順当に制し、決勝は蕨青南と興蓮館とで行われる。

インハイに出場していた主力組は登録から外されているため、二軍クラスのメンバーのはずだが、そこは全国2強のチーム。

さすがの層の厚さである。

ワラビーズとしても楽に勝たせてくれる相手ではないだろう。

それよりも、ギャラリーがやたら豪華なことになっていた。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、来栖のことを眼中にない梶
(「さよなら私のクラマー」32話より)

新旧のインハイ得点王が揃い踏み。

佃や井藤の報告のおかげか、梶がワラビーズを見に来ていたが、興蓮館や来栖たちを気にしてなさそうなところが新女王には気に入らないらしい。

この対抗意識からすると、来栖は代表の経験はないのかな?

結果的には彼女の性格のおかげで面白いことになりそうだけど。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、出場を希望する来栖
(「さよなら私のクラマー」32話より)

数日前に連戦を終えたばかりのインハイ組は出場予定はないものの、強行しようとする来栖。

なかなかアホなキャラでよい。

ユニフォーム変えて強引に出場なんてね。まさかね。

そして意外な選手も登場した。

フットサル大会の決勝でぶつかった九谷怜。

いやむしろベタかな。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、八重歯カワイイ奴だ
(「さよなら私のクラマー」32話より)

久乃木学園の井藤に突っかかる気の強い選手だったのだけど、周防のひとことで一気に親しみやすそうな印象になったはすごいなと。

彼女もインハイ組で期待されているらしく、持ち味を生かせるチームに恵まれたようだ。

今大会で引率を任されていた3年生の藤江の妹も曲者っぽい。

この姉妹のエピソードも楽しみだ。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、秘密兵器の?藤江妹
(「さよなら私のクラマー」32話より)

図らずも次世代のベストメンバーが揃いそうな興蓮館を相手にすることになったワラビーズ。

今度はさすがに勝ち目はないのかもしれないが、春の久乃木学園との練習試合からどれだけ成長できたのかを知る機会でもあるだろう。

大会最後の試合で、日本一になったばかりのチームに挑戦できるなんて願ってもないチャンスだ。

恩田の言うように、失うもののない彼女たちにとってラッキー以外のなにものでもない。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)32話より、日本一の称号を強奪するチャンス
(「さよなら私のクラマー」32話より)

むしろ日本一の称号を奪うくらいの気持ちで戦うのがいいのかも。

次回、いよいよ決勝戦がスタート。

あとがき

単行本8巻は2月15日に発売が決定した。

来月号はセンターカラー。

 

単行本9巻の発売日は6月17日に決定。

さよなら私のクラマー(9) (月刊少年マガジンコミックス)

 

関連記事