午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「ポチごっこ。」2話(アッチあい)はじめてのお留守番

「ポチごっこ。」(アッチあい)より、2話扉絵

「ポチごっこ。」はアッチあいによる漫画作品。

週刊ヤングジャンプで2019年より連載を開始した。

 

ねえポチ。名前気に入った?

飼い主JKと一つ屋根の下。主従関係ラブコメディ!

「ポチごっこ。」(アッチあい)2話より)

 

前回はこちら。

花宅での生活開始

飛び降り自殺を図った友寄が目覚めたのは、朝のバス停で見かける女子高生の部屋。

彼女は友寄のことをポチと呼び、自分が飼うと言い出した。

拒否権はない。

社畜としての人生を捨てた彼に、新しい犬としての生活がやってくるのである。

「ポチごっこ。」(アッチあい)2話より、ごはんはなにがいい?
 (「ポチごっこ。」2話より)

彼女にとっての犬とはどのような存在なのか。

とりあえず食事に関しては人間の食べ物が提供されるらしい。

気になるのは、家の中に家族の気配がしないことなのだが…

室内で飼うのならばそのほうが都合がいいとも言えるが、高校生が一人で暮らしているのだろうか。

「ポチごっこ。」(アッチあい)2話より、ベッドの上のスマホに手を伸ばすポチ
 (「ポチごっこ。」2話より)

スマホも取り上げて外部との連絡を断とうとしているが、その気になれば奪い返せそうなくらい緩い。

軟禁とかまでするつもりはなくて、本当に室内飼いのペット扱いなのらしい。

この子が欲しいのは、いなくならない家族なんだろうね。

夜中に目が覚めて、ちゃんといることを確認したときのホッとした様子を見ると、トラウマになっているのかもしれない。

「ポチごっこ。」(アッチあい)2話より、ポチの頭を撫でる花
 (「ポチごっこ。」2話より)

こんな表情を見るとね。

強がってはいても寂しい思いをしてきたんだろう。

家の中は片付いているけれど料理はできなさそうなので、そのへんをポチがカバーできればいいのではないだろうか。

ペットとは言え元は人であるし、一宿一飯の恩的なあれをね。

「ポチごっこ。」(アッチあい)2話より、花の置き手紙とおにぎり
 (「ポチごっこ。」2話より)

彼女・花が学校に行っている間は家でお留守番をすることになるが、書き置きでおにぎりが用意してあった。

「家のことやっておいてね」

これはもう主夫の役割を期待されているということでいいのかな。

問題は彼の社会的死をどう処理するのかという点である。

この生活を受け入れるとして、環境を整えるのに課題は多そうだ。 

 

関連記事