午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「とんがり帽子のアトリエ」32話(白浜鴎)魔法使いが生まれ育つ場所

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)32話より、大講堂を案内するテティア

「とんがり帽子のアトリエ」は白浜鴎による漫画作品。

月刊モーニング・ツーで2016年7月より連載を開始した。

32話は再試験の前日、テティアが大講堂内を案内してくれる。

 

前回はこちら。

魔法使いを目指すことになったココは、キーフリーに弟子入りする。ある日、同じ弟子であるアガット達が、「第2の試験」をうけることに。だが試験中に「つばあり帽」の妨害が入る。リチェ達の活躍もあり窮地は脱するが試験は中断、キーフリーは負傷してしまう。魔警団のメンバー・ルルシィと共に、魔法使いの住む大講堂に向かった一同は、三賢者の一人ベルダルートと面会し、再試験を受けることに。

(「前回までのあらすじ:とんがり帽子のアトリエ」より)

テティアの大講堂案内

多くの魔法使いが生まれ育ち、暮らしている海の底の大講堂。

ここはキーフリーや弟子たちにとっても故郷の地である。

教の賢者ベルダルートによる再試験を翌日に控えたココたちは、束の間の休息の時を過ごしていた。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)32話より、大講堂の海のお風呂に入る
(「とんがり帽子のアトリエ」32話より)

はじめて大講堂へやってきたココのために、テティアを中心に案内してくれるのだが、他では見られない珍しいものといえば大浴場かもしれない。

ここは浜辺を模していて、波もあるお風呂なのである。

地面も砂になっていたりするのかな?

海の中にありながら、普段は海を感じることなく生活する住人たちの遊び心なのだろう。

こんな雰囲気のある場所だとアイデアも湧きやすいようで、その成果がその場に残されていたりする。

実はココにとって浜辺は初めてなんじゃないだろうか。

海自体もロモノーン岬で見たのが最初である可能性も高い。

庶民が気軽に旅をする世界とも思われないので。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)32話より、アガットがデレた
(「とんがり帽子のアトリエ」32話より)

そして今回の見どころはアガットのデレた場面だろう。

これまでも兆候はあったものの、ここまではっきりしたものではなかったし、みんなの表情から驚きようが伝わってくる。

再試験をみんなで無事に突破するためには彼女の協力は不可欠なのでいい傾向だ。

蛇の背洞窟でのできごとが彼女たちに与えた影響は大きい。

魔警団の干渉も含めて今後も長く尾を引く問題となるに違いない。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)32話より、ココは脅威の前兆?
(「とんがり帽子のアトリエ」32話より)

彼らはココのことを脅威の前兆に繋がる者として見ているようだ。

ユイニィへの禁止魔法を解除する方法が他にないと告げられた時、ココがどのような選択をするのかハラハラさせられたものだが、彼女は見事に否定してみせた。

それを踏まえて次からどんな更なる罠を仕掛けてくるのか。

仮に、つばあり帽に捕まったのがアガットのままだったなら、ココは冷静でいられただろうか。

つばあり帽姿のココの具体的なデザインも決まっている点も気になるところ。(28話でも登場)

将来的には両者を繋ぐ役割を担うのではないかと思っているけれど。

あと本編とはあまり関係が無いのかもしれないけれど23話の扉絵が引っかかっている。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)32話より、弟子入り前のアガット
(「とんがり帽子のアトリエ」32話より)

また大講堂ではアガットにとってトラウマにもなったできごとがあるはずで、このあたりの過去編も見られるかな。

アガットは髪長いの似合うよね。

 

6巻の発売日は2019年11月21日に決定!

限定版は単行本未収録のイラストを収録したスケッチブック付き。

とんがり帽子のアトリエ(6)限定版 (プレミアムKC)

 

関連記事