午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「さよなら私のクラマー」43話(新川直司)勝つのは私たちだ

「さよなら私のクラマー」(新川直司)43話より、来栖と田勢のキャプテン対比

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。

月刊少年マガジンで2016年5月より連載を開始した。

43話は、一進一退を続ける両チームだが…

 

前回はこちら。

ワラビーズの反撃始まる?

本来のポジションから変わっている選手たちの活躍で、徐々に蕨青南の流れになりつつある。

司令塔の不在による緊張感がよい方向に働いているというのもあるだろう。

一歩引いたことで視野が広がり才能を開花させそうな者、相性の問題を解決し持ち味を生かしている者、そしてチームのまとめ役として力を発揮している田勢もその一人。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)43話より、ポジションが変わったのはあんたもだよ
(「さよなら私のクラマー」43話より) 

もともとキャプテンとして頼りになる存在であり、攻守にバランスの取れた器用な選手であるが、この試合では特に曽志崎の穴を埋める役割もこなしている。

守備ブロックを押し上げて攻めに出た今の状況では彼女の存在は欠かせないのである。

一時はまともな試合になるのかどうかも危ぶまれたくらいなのに、終了するまでどうなるか分からない展開になってきた。

これで曽志崎が帰ってきたらと考えると、楽しみが増えるというもの。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)43話より、守備の間に強引に割って入る恩田
(「さよなら私のクラマー」43話より) 

あとはこの流れのまま結果が伴うといいのだけれど。

数的不利を覆すために、周防と恩田には2人で3人を攻略することが課せられている。

相手としても彼女らがボールを持てば2枚は付けたいところだが、それが常に可能な状況なのである。

守備を引き付けつつキープしてパス出しをすることを要求されるが、興蓮館を相手にそれができる存在がいることで、ある程度の不利は解消されていると言えなくもない。

負担は大きいものの、その上で「秒殺しろ」と指示するところは深津監督らしいか。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)43話より、恩田のクロスに白鳥は
(「さよなら私のクラマー」43話より) 

脱げたスパイクを履き直す間も惜しんで上げたクロスの結果はいかに。

 

関連記事