午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)妖に狙われる少女を守る幼なじみの活躍を描くファンタジーラブコメ

週刊少年ジャンプ新連載「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話扉絵

「あやかしトライアングル」は矢吹健太朗による漫画作品。

2020年6月より週刊少年ジャンプで連載を開始した。

以前掲載された読切「れお×レオ」が元になっているようだ。

妖が視える力を持った少年少女が出会ったのは…!?

『ToLOVEる』矢吹健太朗最新作!

少年と少女と妖と。3つの思いが交錯するあやかしファンタジー開幕!!

不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...?

(あらすじ:「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話 祭里とすずと妖より)

WJ新連載『あやかしトライアングル』公式PV - YouTube

妖に狙われる少女と祓い屋の少年

小さな頃から、他人にはない妖を感じ取る力を持っていた風巻祭里(かざまき まつり)と花奏すず(かなで すず)。 

二人は幼なじみで、お互いを唯一の同じ世界が視える友達として育った。

幸い、人に害をなすような妖は稀で、彼らには賑やかな存在として写っていたのだが…

いつの頃からか、祭里はすずに近づく妖を追い払うようになっていく。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話より、あやしい猫を拾った
(「あやかしトライアングル」より)

その日も、あやしいデブ猫を拾ったことをきっかけにすれ違ってしまうのだが、実はすずには重大な秘密があったのである。

桁外れの生命力で妖たちを引き寄せる性質を持つ「妖巫女」として生まれた彼女は、成長すれば危険な目に遭うかもしれない。

それを回避するため、祭里は家業である「祓忍」を継ぐ決意をしたのだった。

中には、彼女を餌として妖力を高めようとする妖もいるらしい。 

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話より、すずを襲う妖シロガネ
(「あやかしトライアングル」より)

たとえばこの地で妖の王と呼ばれるシロガネもそう。 

本作のタイトルである「あやかしトライアングル」は、どうやらこの二人と一匹の関係を指すようだ。

妖を引き寄せる特異体質の少女と彼女を狙う妖怪の親玉、その手から守るために強くなろうとする幼馴染の少年という構図。

ただ、それだけの大物の妖を倒せるだけの力はまだ持っていないので、そのへんをどう対処するのかが1話の見どころでもある。

いずれにしても当面の間は宿敵として顔を合わせることになりそうだ。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話より、封印されるシロガネの逆襲
(「あやかしトライアングル」より)

しかしこのシロガネ、外見に似合わず俗な部分がいいのである。

祭里とすずのロマンスをやたらと邪魔したがるのはなぜなのか?

俺の獲物に手を出すな的なものとはちょっと違う。

おかげでラブコメとして成立しそうなところはあるのだが。

その執念は、封印されかけた代わりに祭里を女体化させる荒業を繰り出すほど。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)1話より、女体化した祭里
(「あやかしトライアングル」より)

こうなってしまってはイチャイチャどころでなはいかもしれない?

が、学園生活的には都合のいい設定とも言えるだろう。

なぜならこの大変な状況の中、二人は高校の入学の日を迎えるのである。

すごいなこの欲張り設定。

祭里のコスチュームも、こうなることを見越していたかのようなデザインにしか見えなくなってきたぞ。

 

「BURN THE WITCH」の開始に合わせて定期購読を始めようか思っていたけど、少し早めることにした。

これは楽しみだ。

 

単行本1巻の発売日は2020年10月2日に決定。

あやかしトライアングル 1 (ジャンプコミックス) 

 

関連記事