午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「あやかしトライアングル」2話(矢吹健太朗)近くで守るなら女同士が一番!?

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話扉絵(高校生になった祭里とすず)

「あやかしトライアングル」は矢吹健太朗による漫画作品。

2020年6月より週刊少年ジャンプで連載を開始した。

2話は、祭里とすずの高校生活が始まった。

 

『ToLOVEる』矢吹健太朗最新作!

姿変われど… 守る心変わらず!

不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...? 妖の禁術で女の子になってしまった祭里。幼馴染のすずを妖から守れ!

(あらすじ:「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話 オンナトモダチより)

 

前回はこちら。

[第1話]あやかしトライアングル/ジャンプ本誌新連載マンガ試し読み - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+

学校生活がスタート

幼馴染のすずを襲ったシロガネの術によって、女の子になってしまった少年・祭里(まつり)。

もとに戻す方法が見つかるまでは、当分このままの生活を送らなければならない。

幸いと言っていいのかどうか、二人はこれから高校へ入学するところなのである。

周囲の人々に隠し通すにはいいタイミングだと考えることもできるだろう。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話より、すずに着替えを見られた祭里
(「あやかしトライアングル」2話より)

ただし、途中から実は男でしたと言い出すわけにはいかなそう。

場合によっては3年間を女子高生として過ごすことになるかもしれない。

果たして思春期の男の子として耐えられるだろうか。

すずが常に一緒に行動してくれることを期待しつつ、徐々に慣れていきたいところ。

朝はTS主人公のお約束として身体チェックから始まるのも好印象。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話より、すずは甘いものが好き
(「あやかしトライアングル」2話より)

すずの方はまだ色気より食い気といった感じだが、祭里への恋心は持ち続けているようで、距離感が近い今の状況もまんざらでもない様子。

恋人的な仲への進展を期待している点も、彼女の場合は中身が祭里なら問題なさそうだ。

どちらかと言えば、女の子になってからの方がかっこいい場面が多くて、新たな世界に目覚めてしまう可能性すらある。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話より、恋する乙女なすず
(「あやかしトライアングル」1話より)

肝心の学校生活は、一緒に住む祭里の祖父の根回しで同じクラスになれている。

すずの中学時代の友人も一緒だが、男だった祭里のことは認識していないらしい。

太ももフェチというか女の子が大好きそうな鳥羽弥生と不思議ちゃんぽい月丘ルーシーの二人で、思いの外あっさり受け入れられててさすが。

彼女たちの前なら変に取り繕わなくてもよさそうだね。 

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)2話より、すずの友人たちともクラスメイトに
(「あやかしトライアングル」2話より)

これはあれでしょ、主人公に女の子的なスキンシップを体験させような流れでしょ。 

久しぶりの少年誌ということですこぶる健全路線だけど、女の子同士のイチャイチャは見れそうな気がする。

 

関連記事