午前3時の太陽

おすすめ漫画の紹介と注目の新刊コミックのレビューブログ

「あやかしトライアングル」9話(矢吹健太朗)トクベツな関係になるために

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)9話より、二ノ曲先輩はやさしそう?

「あやかしトライアングル」は矢吹健太朗による漫画作品。

2020年6月より週刊少年ジャンプで連載を開始した。

9話は、いつも妖と仲良さそうな二ノ曲先輩にすずが接触。

『ToLOVEる』矢吹健太朗最新作!

不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...? 妖の禁術で女の子になってしまった祭里。幼馴染のすずを妖から守れ!

(あらすじ:「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)より)

 

前回はこちら。

二ノ曲先輩とすずが訪れたのは…

すずに余計な心配をさせないため、仕事関係の話は頑なに避けようとする祭里。

その意図は理解しつつも、幼馴染としてはどうしても気になってしまうようだ。

式鬼のポ之助をいつも連れている二ノ曲先輩に、シロガネと仲良くなるヒントが見いだせるのではないかと考えたすずは、相談に乗ってもらうことにしたのだが… 

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)9話より、娘が男子を連れてきた事が気になるすずの両親
(「あやかしトライアングル」9話より)

今回はすずの両親が営むカフェが舞台。

ここのスイーツのほとんどは彼女の監修によるもので、たいそう好評なのだとか。

伊達にいつもお菓子を口にしているわけではないのだね。 

そこへ娘が見知らぬ男子を連れてきたものだから、両親は興味津々のよう。

特にお父さんの方は気が気じゃないようだけど。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)9話より、すずたちの様子が気になる祭里
(「あやかしトライアングル」9話より)

そして気が気じゃない者がもう一人。

祭里は一緒に誘われたのだけど、気乗りしないと断っておいてこの有り様である。

強がってみせてはいるが、すずに対する気持ちの表明としてはこれまでで一番分かりやすいかもしれない。

シロガネの邪悪な顔もまた、これまでで一番だろうか。

先日の一件からすずの事を意識してしまう祭里。

結婚前にキスなんてダメと言っていたくらいのピュアさを持つ彼? も自らの気持ちを自覚し揺らいでしまうのか。

そればかりか二ノ曲先輩も今回ですずに惚れてしまうこともありえる。

妖であるポ之助は即落ちだったしね。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)9話より、祭里の変装もすずに即バレ
(「あやかしトライアングル」9話より)

店の奥側はすずにとって「いつもの席」らしいが、かつては祭里も通った場所なのかも。

シロガネの協力で変装して潜り込もうとするも、すずやお母さんには一目でバレてしまっていた。

そもそもお母さんは祭里が女になった事は知っているのかな?

新たな趣味に目覚めたみたいに思われた可能性もあるのか?

似合ってはいるんだけどね。

 

単行本1巻の発売日は2020年10月2日に決定。

関連記事