午前3時の太陽

おすすめ漫画の紹介と注目の新刊コミックのレビューブログ

「【推しの子】」24話(赤坂アカ、横槍メンゴ)演技力が決め手、二人の悪女対決の行方は?

「【推しの子】」(赤坂アカ、横槍メンゴ)24話より、目立つ方法を模索する黒川あかね

「【推しの子】」は赤坂アカ(原作)、横槍メンゴ(作画)による漫画作品。

週刊ヤングジャンプで2020年4月より連載を開始した。

24話は、ここまで地味キャラだった黒川あかねがついに動き出す。

 

前回はこちら。

一体何が起こるんだ。

悪女対決の行方は

番組の収録も後半になり、未だに目立っていないことに焦る黒川あかねは、挽回のチャンスを窺っていた。

自らの不甲斐なさでマネージャーや事務所に迷惑をかけてしまうことを気に病んでいた彼女は、スタッフからのアドバイスを真に受けてしまうのだが…

よりによって悪女ムーブとは。

確かに目立つかもしれないが、好感度との両立は至難の業である。

「【推しの子】」(赤坂アカ、横槍メンゴ)24話より、悪女ムーブに転ずる黒川あかね
(「【推しの子】」24話より) 

番組の中心でありSNSでも人気の鷲見ゆきから相手を奪おうというのだから。

人一倍真面目で演技力もあることが裏目に出てしまうかもしれない。

しかも性格的に向いてなさそうなのよね。

無理した挙げ句に人気も取れないとなると、何のためにやっているのか分からなくなる。

もちろん、そんな動きをあの女が許すはずもなく…

「【推しの子】」(赤坂アカ、横槍メンゴ)24話より、ゆきの掌の上か
(「【推しの子】」24話より) 

これが本物の悪女だよ。

SNSの反応も単純過ぎやしませんかね。 

よほど上手くやってるのか、ゆきの評判は上々で敵に回すのは分が悪いのだけど、相手の本性を見抜けなかったあかねでは勝ち目はないだろう。

悪くすれば炎上による降板、事務所からも干されかねない。

そこから苺プロに引き抜きという流れもありなのかな。

あまりひどくなる前に何とかしてもらいたいところだけどね。

「【推しの子】」(赤坂アカ、横槍メンゴ)24話より、鷲見ゆきに怪我をさせてしまった黒川あかね
(「【推しの子】」24話より) 

アクアはこのまま傍観者なの? 

ここからどう立て直すのか期待したいから頑張ってほしい。

 

SNSと言えば、ルビーもぴえヨンのチャンネルに出演した後の評判が気になったらしく、エゴサをした跡が見られた。

「【推しの子】」(赤坂アカ、横槍メンゴ)24話より、エゴサするルビーをイジる重曹ちゃん
(「【推しの子】」24話より) 

 

関連ワードに「かわいい」が入ってるところがかわいい。

そうは言っても先輩だってやってるんでしょ?

当然作者もやってます。

 

今回のこの気になる展開で、次週は休載らしいのである。 

つらい。

 

関連記事