読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「RWBY(ルビー)Volume 4」第1話が公開。タイトルは“The Next Step”

「RWBY(ルビー)Volume 4」よりルビー・ローズ

(2016/10/29 更新)

RWBY(ルビー)の最新第4シーズンがついに公開された。

Episode 1のタイトルは、“The Next Step”。

ビーコン・アカデミーが壊滅的な被害を受け、メンバーもバラバラになった。

再び集まるのは容易ではないだろう。

それでも各自が抱える問題を解決するために動き出した。

舞台は東の大陸へ

チームRWBY(ルビー)のリーダー、ルビー・ローズは、チームJNPR(ジュニパー)のメンバーだったノーラ、レン、ジョーンと共に、東にある王国ミストラルに向かった。 

RWBY Volume 4: Intro - YouTube

1話の時期は、Volume 3の最終話から数ヶ月後。

ルビーの叔父クロウ・ブランウェンが語った「敵はヘイブンに向かっている」との情報をもとに、ルビーたちは東の大陸にある王国ミストラルへ渡っていた。

4人はここで、ハンターとしての仕事をこなしながら準備をしている。 

チーム名に関しては、メンバー間でも意見が割れているようだ。

JNRR(ジュニア)かRNJR(レンジャー)か。

ノーラによると、もともとのJNPR(ジュニパー)のメンバーが3人なので、響きと並びを保ったままのJNRR(ジュニア)が妥当。

レンは、ルビーを補佐するためのチームなのでRNJR(レンジャー)がいいのではと提案する。色の要素も重要らしい。

戦闘後に、ジュニアと口にしたジョーンに、ノーラが一人頷くのがかわいかった。

制作側でも決まってない可能性が…

Chapter 1: The Next Step

RWBY Volume 4, Chapter 1: The Next Step - YouTube

You Tubeでも本編動画を公開した。

(翻訳してくれた人ありがとう!)

これまでも毎シーズン、キャラデザのマイナーチェンジはあったけど、今回は大きいね。 コスチュームもだけど顔に立体感を出そうとしてるのかな。 「RWBY Chibi」の影響だろうか。

「RWBY(ルビー)Volume 4」公開目前!予告編と関連動画まとめ - 午前3時の太陽

予告編を見た時には、表情の硬さとかワイスやヤンの顔で違和感があったんだけど、本編では修正してきているようで安心した。

背景はきれいになったね。

導入部は液体の中からグリムが登場現れる場面からなので、だいぶ力が入ってる印象。

シンダーがセイラム(Salem) の配下の中でどんな立場なのかが気になるな。

 

「RWBY(ルビー)Volume 4」よりセイラムとその配下

左からワッツ(Watts)、ヘイゼル(Hazel)、セイラム(Salem)、ティリアン(Tyrian)。

 

彼らの次の標的は、ヘイブン・アカデミーと春の乙女。

そして、銀の瞳の少女。 

ビーコンでのルビー覚醒の際、直撃を受けたシンダーはかなりのダメージを負ったようだ。

命は取り留めたが、左目と声を失った。

「RWBY(ルビー)Volume 4」よりシンダー、エメラルド、マーキュリー。

エメラルドとマーキュリーに付き添われながら療養している。

かつての力強さはないが、回復すれば秋の乙女としての力を取り戻すだろう。

 

「RWBY(ルビー)Volume 4」ピュラの髪飾りで盾を強化

そして、ルビーたち一行は、ピュラの残した髪飾りを使ってジョーンの盾と剣を強化していた。

いつでも彼らと共にあるように。

ルビーの表情が気になる。

 

まずは顔見せの回だね。

セイラムの周りには、シンダー以外にも四季の乙女を倒せる力を持つ人間がいるのか。

銀の目を持つ者(サマー?)も倒したことがあるようだし、この世界の強さの基準はどうなってるんだろうか。

シンダーは四天王の中でも最弱みたいな感じなんだろうか。

復活が見たいね。

 

あと、ノーラの精神年齢が上がった気がする。

自分よりやんちゃなのがチームに入ってきたからね。

ルビーの後ろでどっしり構えているお姉さんみたいでいいんじゃないかな。

次回第2話はChapter 2: REMEMBRANCE。

ワイスの家族が登場する。彼女は末っ子ではなかった。

「RWBY(ルビー)Volume 4」第2話 “Remembrance” シュニー家の人々

 

現時点では一般公開がまだなので言えるのはこれくらいかな。

日本時間で24日に無料会員への公開、30日にYou Tubeも含めて一般公開になりそう。

RWBY: Volume 4, Chapter 2: Remembrance

少しでも早く見たい人は登録だけでもしておくといいと思う。

公開後はこちらでも追記したい。

関連記事