午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

おすすめの面白い漫画100作品をまとめてみた

2019/07/11 更新 個人的におすすめな漫画を100作品選んでみた。 このブログの好みの傾向の提示と、各ページへの入り口になればいいなと思っている。 前提条件は以下の通り。 同じ作者の作品は選ばない 連載中、完結済の区別はしない ランキング形式にはしな…

「MAO」14話(高橋留美子)摩緒の “血の毒” が効かない妖

「MAO」は高橋留美子による漫画作品。 週刊少年サンデーで2019年5月より連載を開始した。 14話は、教会の中で摩緒が出会った者の正体とは。 中学三年の黃葉菜花(きば なのか)はかつて事故に遭った地を通ると大正時代へ。そこで出会った陰陽師・摩緒(まお…

「赫のグリモア」12話(A-10)魔獣あかずきんの帰還

「赫のグリモア」はA-10(エーテン)による漫画作品。 別冊少年マガジンで2018年9月より連載を開始した。 12話は、閉鎖空間の中で絶体絶命の若葉たちの反撃が届くか… 大麦若葉は「魔獣」赤ずきんと契約し、「書の魔導士」の使命を曾祖母・茜から引き継ぐ。魔…

「ポチごっこ。」12話(アッチあい)飼い主の意地

「ポチごっこ。」はアッチあいによる漫画作品。 週刊ヤングジャンプで2019年より連載を開始した。 12話は、学校から帰った花が家の前に佇む二人組を発見する。 前回はこちら。 両者相見える 朝日家を訪れたのは、友寄友の兄と元同僚の女性・須藤あずさ。 行…

「MAO」13話(高橋留美子)五行町の要石の謎

「MAO」は高橋留美子による漫画作品。 週刊少年サンデーで2019年5月より連載を開始した。 13話は、五行町にあったとされる要石にまつわるエピソード。 中学三年の黃葉菜花(きば なのか)はかつて事故に遭った地を通ると大正時代へ。そこで出会った陰陽師・…

「さよなら私のクラマー」39話(新川直司)目指すのは凡人最強のチーム

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 月刊少年マガジンで2016年5月より連載を開始した。 39話は、追い上げられた興蓮館が動き出す。 前回はこちら。 興蓮館の反撃 周防の活躍で興蓮館へ迫ろうとするワラビーズ。 それに対する相手の答えとは…

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」6巻(岡田麿里、絵本奈央)波乱の幕開け

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は岡田麿里(原作)、絵本奈央(作画)による漫画作品。 別冊少年マガジンで2016年12月より連載を開始した。 6巻は、いよいよ動き出す乙女たちの日々。 幼なじみ・泉に告白され、結ばれた和紗。浮かれる彼女の一方で、それぞれ…

「ポチごっこ。」11話(アッチあい)朝日家への訪問者

「ポチごっこ。」はアッチあいによる漫画作品。 週刊ヤングジャンプで2019年より連載を開始した。 11話は、ポチをめぐる修羅場より一夜明けた朝日家の食卓から。 前回はこちら。 条件付きで保護? 停電のおかげで捨てられる日を延期になったポチ。 あくまで…

【2019年】Kindleなど電子書籍ストアで「竹書房の日」フェアが開始! 3日間限定で50%OFF!

本日8月1日より、各種電子書籍ストアで「竹書房の日」フェアが開始されている。 ▶3日間限定「竹書房の日」フェア これは「竹書房」が得意とする三大ジャンル【ハイ(牌)】【パイ(おっぱい)】【やおい】にちなんで、8月1日に制定された『竹書房の日』に毎…

「MAO」12話(高橋留美子)鐘呼の予言と菜花の事故との共通点

「MAO」は高橋留美子による漫画作品。 週刊少年サンデーで2019年5月より連載を開始した。 12話は、鐘呼の予言の言葉が気になった菜花は現代で調査をはじめることに。 中学三年の黃葉菜花(きば なのか)はかつて事故に遭った地を通ると大正時代へ。そこで会…

2019年7月に読んだおすすめ漫画まとめ

2019年7月に読んだ中で、おすすめの漫画をいくつか紹介する。 今月は注目作が多くて読むだけでもいっぱいいっぱいなのだけど、ひとつ選ぶとするなら「うらら迷路帖」かな。 デザートの新連載も楽しみ。 前回はこちら。 「あやめとあまね」(道満晴明) あや…

「ポチごっこ。」10話(アッチあい)さよならの前に

「ポチごっこ。」はアッチあいによる漫画作品。 週刊ヤングジャンプで2019年より連載を開始した。 前回はこちら。 停電とポチ出動 朝日家の緊急家族会議において、ポチを家で飼うことは否決された。 外に捨ててくることを言い渡された花は、実行に移せるのだ…