午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「MAO」19話(高橋留美子)摩緒と猫鬼の再会

「MAO」(高橋留美子)19話より、地震の後に現れた猫鬼と対峙する摩緒

「MAO」は高橋留美子による漫画作品。

週刊少年サンデーで2019年5月より連載を開始した。

19話は、地震の起こった五行商店街に巨大な妖の姿が浮かび上がる。

中学三年の黄葉菜花(きば なのか)はかつて事故に遭った地を通ると大正時代へ。そこで出会った陰陽師・摩緒(まお)による菜花=「妖」説の謎を解くため彼と行動する事に。大正時代にて地震が発生。混乱する街の上空にある猫の目。それを見た摩緒は覚醒し…

(前回までのあらすじ:「「MAO」(高橋留美子)19話 ―猫鬼―」より)

 

前回はこちら。 

猫鬼との再会

かの鐘臨教の教祖の予言通りに街を襲った大地震のあと、あたりは火に包まれた。

お昼時であることに加えて、妖の動きが活発になっている。

要石の封印が解けた影響だろうか。

地下に眠っていたもの、この不思議な街を形作っていたものの正体は猫鬼であった。

900年もの間、摩緒が追い続けてきた宿敵の姿が目の前に現れる。

「MAO」(高橋留美子)19話より、900年前の真相は
(「MAO」19話より)

因縁の対決に、ついに決着が付くのか!? 

仮にここで猫鬼を倒したなら、その血の影響を受けている摩緒も命を終えるだろう。

そして同じように血のおかげで生きていると思われる菜花も。

摩緒の場合はそれで本望だろうが菜花の方はどうだろうね。

 

ここにきて、猫鬼の姿が顕になったことで新たな疑問が生まれてくる。

現在の猫鬼は首だけの存在であること。

その体を摩緒に返せと要求するのである。

これはどういうことなのか。

別の場所に封印されているのかもしれないが、摩緒の中に眠っているのだとしたらどうだろうか。

900年前の事件で、何らかの陰謀に巻き込まれた可能性があるが、黒幕のその後はどうなったのか。

「MAO」(高橋留美子)19話より、菜花も器として狙われる?
(「MAO」19話より)

また、この時点では猫鬼は菜花のことを知らないらしい。

どうやって「血の呪い」の力を手に入れたのか気になるね。

そこから彼女と現在の家族との関わりも見えてくるはずだ。

 

単行本2巻の予約も始まっている。発売日は11月18日。

関連記事