午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「鉄道少女漫画」(中村明日美子)乗り換えでいつもと違う景色を

「鉄道少女漫画」 (中村明日美子)

「鉄道少女漫画」は中村明日美子による漫画作品。

主に駅や電車内を舞台にした連作短編集である。

 

「浪漫避行にのっとって」、「彼の住むイリューダ」、「立体交差の駅」、「青と白のクリーム」、「木曜日のサバラン」、「夜を重ねる」、「ある休日」の7編。

特徴的なのは、小田急線沿線に集中していること。

これに関しては作者もあとがきに小田急愛を綴っている。 

小田急が好きです。

ロマンスカーが好き、5000系が好き、

小田急の人は全員いい人だと思ってるくらい、

小田急が好きです。 

(作者あとがきより)

 

浪漫避行にのっとって

1話目の主人公は、スリ常習犯の女子高生。

表紙の真ん中で振り返っている女の子だ。

ロマンスカーの座席で眠り込んだ男の財布をねらうが、あっさり見つかってしまう。

男は、妻と弟の浮気を疑い、尾行している途中だった。

見逃してもらう代わりに協力して行動を共にすることになるが。

「鉄道少女漫画」(中村明日美子)より、浪漫避行にのっとって

(「浪漫避行にのっとって」より)

この表情。

彼女の機転によって乗り換えの時間差を利用し、箱根で追いつくことに成功する。

作中では過去は描かれていないし、名前も出てこないが、もっと見てみたいキャラだった。 

「鉄道少女漫画」(中村明日美子)より、温泉でも行ってきたら?

(「浪漫避行にのっとって」より)

 

立体交差の駅

「立体交差の駅」 は野球部に所属する背の高い女の子が主人公。

駅で落し物を拾ったことから、年上の女性と知り合うことになる。

恋愛経験のない彼女と、失恋したばかりのその女性が互いに惹かれ合っていく。

百合ものではあるけど、ほのめかす程度に抑えてあるので読後感はさわやか。

「鉄道少女漫画」(中村明日美子)より、乗り換えませんか」

(「立体交差の駅」より)

「乗り換えませんか」 

 

あとがき

本作の最後の「ある休日」では各話の登場人物たちのその後を垣間見ることができる。

あとは「木曜日のサバラン」の脇役で出てくる女の子を主人公にした続編「君曜日」も青春を感じられていい。

ただし、2年に1冊ペースなのでいろんな意味で悶えることになる。

 

関連記事