午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「空電ノイズの姫君」10話(冬目景)ギター選びと父との対話

「空電ノイズの姫君」(冬目景)10話より、扉絵

「空電ノイズの姫君」は冬目景による漫画作品。

月刊バーズで連載中。

思い切って自分用のギターを手に入れることにした磨音は楽器屋へ向かう。

 

前回はこちら。

ギターを探して

自分のギターを購入するため、磨音は楽器店めぐりをしていた。

好みはレスポールだが、軽さも考慮してテレキャスターも選択肢に入っている。

レスポールは本体が重い上にハードケースになるので、小柄な女の子の磨音にはちょっと大変だろう。

普段のバンド練習でストラトを使用しているのは、軽くて持ち運びしやすいことが理由かもしれない。

「空電ノイズの姫君」(冬目景)10話より、ギターを探す磨音
(「空電ノイズの姫君」10話より) 

そして、最大の難点は高校生が気軽に手を出せる値段ではないこと。

小学校以来のお年玉貯金を引っ張り出してみたものの、全然足りていなかった。

別ブランドのコピーモデルで妥協するのが現実的なところだ。

磨音の場合は父のギターを自由に借りられる立場なので、バンドの件を報告さえすれば気兼ねなく使うことが出来るのだが、タイミングを逃したことでどんどん言いづらくなってしまっている。

父との対話

「空電ノイズの姫君」(冬目景)10話より、チサトにバンド加入の件を報告
(「空電ノイズの姫君」10話より) 

そんな磨音が頼るのは音楽誌編集者で父の恋人、チサト。

まずは彼女に報告して協力を要請するが、家庭の事情には立ち入らないことにしてることを理由に断られてしまう。 

これ以上は覚悟を決めるしかない。

磨音は拓海の前に立つのだった。

「空電ノイズの姫君」(冬目景)10話より、父にはなかなか言い出せない
(「空電ノイズの姫君」10話より) 

だが磨音はけっこうヘタレだった。

改めて切り出すとなれば気後れするのは仕方がないことなのだけれど。

そんな彼女のことを、父はすでにお見通しである。

怒るほどではないが、娘の口から聞けるのを待っていたのだろう。

「空電ノイズの姫君」(冬目景)10話より、父はお見通し
(「空電ノイズの姫君」10話より) 

以前から磨音の様子がおかしいのを気にしていたので、予想はしていたはず。

父はどう答えるのか。

 

バンド自体はよく思ってはいないだろうけど、こそこそされるよりはいいはず。

むしろギターを譲ってくれる流れだったりする?

 

関連記事