読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「夢喰い王子の憂鬱」(阿仁谷ユイジ)叶わぬ夢から開放してくれるイケメン王子(胃弱)

本・漫画

「夢喰い王子の憂鬱」(阿仁谷ユイジ)1巻

「夢喰い王子の憂鬱」は阿仁谷ユイジによる漫画作品。

肥大してしまった人の夢を、食べることで救ってくれるイケメン王子。

はたしてその正体は? 

王子様は胃弱

夢は、あきらめてもいいのです。「モテたい」「お金が欲しい」「尊敬されたい」――そんな叶えられなくて苦しい夢を、食べてラクにしてくれる王子様が現れたなら......!?新星・阿仁谷ユイジのキュート&エロティックストーリー。救って、私の王子様。

夢に囚われて身動きが取れなくなっていませんか。

理想の自分、なりたい姿、夢を追うのもいいけれど、生きることが窮屈になってしまっては本末転倒。

そんな彼女たちの前に、イケメン王子(胃弱)が現れる。

膨らみすぎてしまった夢を食べてくれる。

でも胃弱だから全部ではない。

心の負担を軽くして、再び立ち上がれるように。

アサミの場合

漫画家を目指すアサミは、代原での掲載が決まった矢先に事故にあった。

命に別状はないが、怪我をしたのは大事な右手。

さらに掲載作のネームも失う。

苦節10年、やっと夢が叶うはずだった。

漫画「夢喰い王子の憂鬱」(阿仁谷ユイジ)1巻より、アサミには夢がある

(「夢喰い王子の憂鬱」1巻より) 

立ち止まってみると、自分から漫画を取ったら何も残ってないことに気付くのだ。

周りが現実的な生き方を選ぶ中、 夢だけを追って生きてきた。

いつしかその夢で身動きができなくなってしまっている。

そんな時に現れたのがイケメンの王子さまだった。

漫画「夢喰い王子の憂鬱」(阿仁谷ユイジ)1巻より、王子は胃弱

(「夢喰い王子の憂鬱」1巻より) 

夢は腐りかけがおいしいという。

彼は待っていたのだ、夢が熟れるのを。

漫画「夢喰い王子の憂鬱」(阿仁谷ユイジ)1巻より、夢を食べる

(「夢喰い王子の憂鬱」1巻より) 

王子の前では、夢は体の一部に現れる。

手や腕、背中、髪など人によって違いがあるが、アサミの場合は右手。

王子の夢を食べる絵面がセクシー。

 

アサミの次はその親友のやっちゃんの番。

全2巻で連作短編のような読み方もできつつ、セリナ編から王子の過去へ、そして解決へと繋がっていく。

おまけページの「この下絵がマズイ!!」シリーズも楽しい。

 

関連記事