午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「泥棒成金」偽物を追って宝石泥棒の新旧対決

「泥棒成金」アルフレッド・ヒッチコック監督

「泥棒成金」はアルフレッド・ヒッチコック監督による1955年公開の映画。

盗難事件の容疑をかけられた男が自力で犯人を追う。

あらすじ

フランスのリゾート地リヴィエラでは、近頃宝石の盗難事件が連続していた。

上層階の裕福な婦人ばかりを狙った鮮やかな手口は、かつて巷を騒がせていた「キャット」と呼ばれる宝石泥棒を思わせるものだ。

 

ジョン・ロビーは戦争中のレジスタンスでの活躍で恩赦を受け、仮釈放の身。

現在は足を洗い、丘の上の別荘で悠々自適な生活を送っていたが、事件により疑いをかけられてしまう。

無実を晴らすため、自らの手で犯人を捕まえようと昔の仲間の元へ向かった。

予告編動画

To Catch a Thief (Alfred Hitchcock, 1955) - Trailer - YouTube

仲間の協力と盗みの手口

仲間たちは、今では海辺のレストランのスタッフとして働いていたが、ロビーを見ると不快感を示す。

ロビーが捕まることによって、自分たちにも危害が及ぶことを恐れたためである。

それほど手口がそっくりであったということであり、仲間も彼を疑っているようだ。

 

孤立無援かとも思われたが、オーナーのベルタニから一つの情報を得ることができた。

保険会社のヒューソンの紹介だ。

彼らは盗難事件を解決したいという点で利害が一致し、共に犯人探しに乗り出す。

 

冒頭で盗みのシーンが描かれているが、ここは文字通りキャットが登場する。

屋根伝いに黒猫が音も無く忍び寄り、事が済むと窓から去っていく。

この手口にはさすがにニヤニヤさせられる。

遊び心ある演出。一番の名シーンはここかもしれない。

 

Photo credit: Chris Yarzab via Visualhunt.com / CC BY

モナコの風景とグレース・ケリー

リヴィエラはフランスからイタリアにかけての海岸地帯で、フランス側はコート・ダジュールと呼ばれる。

有名な都市はニース、カンヌ、モナコ。

ヒロインのグレース・ケリーは後にモナコ公妃となるが、婚約が発表されたのは本作公開の数カ月後。

 

 

警察の追跡を逃れるカーチェイスの後、眼下にモナコ市街を見晴らせる丘に辿り着く。

ヒッチコック監督はグレース・ケリーがお気に入りの女優だったようで、3作品でヒロインとして起用している。

「裏窓」、「ダイヤルMを廻せ」、そして本作だ。

 

作品の出来としては前の2作には及ばないが、グレース・ケリーの美しさを堪能できるのは本作が一番ではないかと思う。

こんな美女に追いかけられる50代のケーリー・グラントがうらやましい。

 

Photo credit: thefoxling via Visual hunt / CC BY-NC-SA

あとがき

この「泥棒成金」が配信されるのはおそらく初めてだ。

しかもプライムビデオ対応。

観ておかない手はないだろう。

あと、ヒッチコック作品としての一押しは「裏窓」かな。

 

原題:To Catch a Thief

監督:アルフレッド・ヒッチコック

出演:ケーリー・グラント / グレース・ケリー / ジェシー・ロイス・ランディス / ジョン・ウィリアムズ 

関連記事