午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「大上さん、だだ漏れです。」2巻(吉田丸悠)本当は触りたいのに

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻 (アフタヌーンコミックス)

「大上さん、だだ漏れです。」は吉田丸悠(よしだまる ゆう)による漫画作品。

月刊アフタヌーン2016年12月号より連載を開始した。

「男子のアレって仕組みどうなってんの?」 エロいことに興味しんしんだが、それをひた隠しにしている女子高生・大上さん。だが、クラスの柳沼(やぎぬま)くんと接したことで、リビドーがモロ出しになってしまう! 純情な妄想が暴発する思春期エロラブコメ、全力発射!!!2巻では……! 柳沼くんの家に行ったり海に行ったり…ふたりの距離は、物理的にも精神的にも急接近☆

(「大上さん、だだ漏れです。(2) (アフタヌーンコミックス)」より)

前回はこちら。 

大上さんの悩み

他人には言えない秘密を持った二人、大上さんと柳沼くんが友達の練習をするようになってから、根津さんや松隈くんとも知り合い、交流が広がってきた。

異性への興味、とりわけ身近な柳沼くんへの妄想も広がるのだが、大上さんにはまだ分からないことがある。

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻より、えっちな事に興味はありますか?
(「大上さん、だだ漏れです。」2巻より)

彼への気持ちが何なのか。

それは恋と呼べるものなのか、あるいは単なる下心なのか。

きっかけは人付き合いの練習のためではあったが、今では大事な友人だと思っている。

でもそれだけではないような気もしている。

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻より、根津さんたちと海に来た大上さん
(「大上さん、だだ漏れです。」2巻より)

今回はそんなモヤモヤを解消するいい機会。

みんなで海にやってきた。

苦手に感じていた根津さんの友人二人とも仲良くなれるかもしれないし、柳沼くんといい雰囲気になる瞬間もあるかもしれない。

むしろ二人のそんな関係は、周囲の方がよく見えているようだ。

漏れてしまう前に

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻より、根津さんの後押し
(「大上さん、だだ漏れです。」2巻より)

根津さんも元々は柳沼くんに好意を持っていたが、彼らを応援することにしたらしい。

彼女の計らいで、海中展望塔で二人きりになることができた。

思わぬ接触で本音が漏れてしまう前に、自分の意思で伝えておきたい事があるんじゃないだろうか。

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻より、ミル貝ってあれに似てるよね
(「大上さん、だだ漏れです。」2巻より)

そして妄想ネタも忘れてはいない。

このまま彼らが付き合ったりして、触れ合う機会が増えるなら、大上さんも大変なことになりそうだけれど。

それとも、そこからがだだ漏れの本領発揮なのだろうか。

「大上さん、だだ漏れです。」(吉田丸悠)2巻より、それでも触りたい
(「大上さん、だだ漏れです。」2巻より)

二人の関係も次のステージへ進んでいくのかな。

柳沼くんの特異体質も、そろそろ周囲に知られていきそうな気もする。

松隈くんあたりはピュアすぎてあまり影響ないかもだけど、根津さんは気付きつつあるんじゃないだろうか。

彼女はいい相談役になるのかもね。 

 

関連記事