午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「ヒックとドラゴン」唯一の悩みも、一緒だったら自慢になる

アニメ映画「ヒックとドラゴン」
少年はドラゴンに「翼」をあたえ、ドラゴンは少年に「勇気」をあたえた 

「ヒックとドラゴン」はディーン・デュボア監督によ2010年公開の3Dアニメ映画。

気弱なバイキングの少年と、怪我をして飛べなくなったドラゴンの友情を描く。

あらすじ

バーク島、1年の内9か月は雪、3か月は雹の降る北の果て。

代々バイキングが住むこの地は、その歴史の割に建物はみな新しい。

たびたび村を襲い、家畜をさらうのはドラゴン。

ここではドラゴン退治がすべてだった。

 

バイキングの頭の子として生まれたヒックは、父とは反対にからだが小さく、気弱な少年。

ドラゴンと戦う事は許されず、鍛冶の仕事を手伝いながら、それでもドラゴンを倒す事を夢見ていた。

 

村のドラゴン・マニュアルには、様々なドラゴンの特徴・倒し方が載っていて、共通するのは「極めて危険、見たら殺せ」の記述。

そんなバイキングでも手に負えないのが、最強のドラゴンと呼ばれるナイト・フューリーだった。

ある日ヒックは森の中で、けがをして飛べなくなったナイト・フューリーに出会う。

予告編動画 


How to Train Your Dragon - Trailer - YouTube

見所1. ヒロインのアスティがかっこいい

主人公のヒックがあこがれるヒロインは、バイキングの女性らしく、強くたくましい。

この島では、ドラゴン退治は男だけの仕事ではなく、女も一緒に戦っている。

アスティの初登場シーンは、予告編でも一瞬映るが、炎を背に歩いてくる姿だ。

ここの部分はこの映画で唯一スローモーションで描かれる。

見所2. 飛行シーンの迫力

ナイト・フューリーのトゥースと出会ったヒックは、飛べなくなったトゥースのために補助具をつくり、一緒に飛行訓練を行う。

鍛冶屋のゲップの元で働くヒックは物づくりは得意。

上映時は3Dでも公開されたが、この部分は一番の見所だったんじゃないだろうか。

自宅の画面で観ても十分な迫力がある。

見所3. ドラゴンとの新たな生活

長い間ドラゴンとの戦いに明け暮れていたバイキングに、ヒックは新たな生き方を提示する。

「何百人も殺されたんだぞ。」

「こっちだって何千頭も殺したろ。」

戦いの理由は、それぞれが生き延びるためにやっていた事だった。

立場が違うだけ。

種族を守るために責任をもつ父と、親譲りの頑固さでトゥースと共に生きようとするヒックの対立。

葛藤する2人のそれぞれの表情もよかった。

危機を乗り越え一回り成長した後に見る世界は。

あとがき

Netflixが開始して、これもラインナップに入っていた。

直後にHuluがすぐさま追加したのが本作とインディジョーンズシリーズだった。

子供向けアニメと侮るなかれ。

これは傑作。

周囲でも評価が高いのは知っていても、今まで手を付けずにいたが観てよかった。

先日始まったAmazonプライムビデオでもリストに入っていて、そちらは吹替版のみ。

とりあえず、観たことない人は観るべし。

続編

  • ヒックとドラゴン2(2015年7月にDVD及びBlu-ray発売)
  • 「ヒックとドラゴン3(仮)」2018年公開予定)
 
1作目と2作目の間の出来事を描いたTVシリーズもある。
  • 「ヒックとドラゴン〜バーク島の冒険〜」(カートゥーン ネットワーク)
  • 「ヒックとドラゴン〜バーク島を守れ〜(カートゥーン ネットワーク)
  • 「ヒックとドラゴン〜新たな世界へ!〜」(Netflixオリジナル)
 

原題:How to Train Your Dragon
原作:クレシッダ・コーウェル「ヒックとドラゴン」
監督:ディーン・デュボア
出演:ジェイ・バルチェル(田谷隼)
   ジェラルド・バトラー(田中正彦)
   アメリカ・フェレーラ(寿美菜子)
   クレイグ・ファーガソン(岩崎ひろし) 

 ※()内は吹替声優

  

クレシッダ・コーウェルによる原作本。11巻までと番外編がある。 

関連記事