午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「小さいノゾミと大きなユメ」3話(浜弓場双)家主に見つかっちゃった!?

月刊モーニング・ツー連載「小さいノゾミと大きなユメ」(浜弓場双)3話より、気づかれていない可能性も?

「小さいノゾミと大きなユメ」は浜弓場双(はまゆみば そう)による漫画作品。

月刊モーニング・ツーで2019年5月より連載を開始した。

小さな体になってしまった望実がたどり着いたのは、引きこもりの由芽の住むアパートで…

 

前回はこちら。

目を覚ますと身長12cmの体になっていた女子高生・小岩望実が命からがらたどり着いたのは、ひきこもニートの大久保由芽が住むアパートの一室。散らばるゴミの山を隠れ蓑に部屋で暮らし始めて1週間、ついにノゾミはユメに目撃されてしまい……!?

(「前回までのあらすじ:小さいノゾミと大きなユメ」より)

部屋の中に変化が…

汚部屋での生活が始まってから1週間、住人に気付かれないように暮らしてきた望実は、とうとう彼女に目撃されてしまうのであった。

しかも2度も。

さすがに存在を知られてしまったと考えるのが自然だが、ここは慎重に様子を見たいところ。

「小さいノゾミと大きなユメ」(浜弓場双)3話より、小さい体での生活にも慣れてきた
(「小さいノゾミと大きなユメ」3話より) 

相手は酔っぱらいの寝起き状態であったし、まだ希望は残されている。

苦労して手に入れたそこそこ快適な生活を捨てて危険な外の世界へ出るのはなるべく避けたいのだ。

どうにかして対話をすることができれば共同生活をする道もあるだろうか。

でもそれならもうちょっとまともな部屋に、と思わないでもないが、パワーバランス的には安心な相手かもしれない。

彼女の社会復帰を手伝いつつ必要な環境を整えていくのも一つの手である。

「小さいノゾミと大きなユメ」(浜弓場双)3話より、捕獲しようとしている?
(「小さいノゾミと大きなユメ」3話より) 

少し気になることといえば、前日までと違ったものがちょこちょこ見られることであった。

これ、捕獲しに来てるよね?

罠にかかる心配はないとしても、中を覗くのがこわいやつだ。

ほんとうに望実のことを巨大Gや害虫と勘違いしているのだろうか?

やがて望実と由芽の間に熾烈なバトルが繰り広げられるのか、といったところだが、もうちょっと穏便に進みそうである。

「小さいノゾミと大きなユメ」(浜弓場双)3話より、待って小さい女子高生ちゃん
(「小さいノゾミと大きなユメ」3話より) 

だがやっぱり捕まりたくはないなと。

しかしいつも酔っ払ってんな、この家主は。

次回あたりで歩み寄る姿が見られるか。

 

関連記事