読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

劇場版「ラストエグザイル -銀翼のファム- Over The Wishes」新しき世界の翼に、追い風を祈る

「ラストエグザイル -銀翼のファム- Over The Wishes」は2016年公開のアニメ映画。 2011年の冬から2012年春にかけて放送されたTVアニメ「ラストエグザイル -銀翼のファム-」を再構成し、新作カットを追加した劇場版である。 あらすじ 各国の国土にまたがる世…

「Vフォー・ヴェンデッタ」理念を持ち、信念に生きよ

「Vフォー・ヴェンデッタ」はジェームズ・マクティーグ監督による2005年公開の映画。 原作はサッチャー政権下の80年代イギリスで連載されたコミック作品。 独裁者による圧政の中、一人の男が復讐の為にロンドンに現れた。 図らずも巻き込まれていく一人の女…

映画「ウォールフラワー」壁の花だから見えるものもある

「ウォールフラワー」はスティーブン・チョボスキー監督による2012年公開の映画。 原作は監督自身の著書で、アメリカでヒットした青春小説である。

「愛と哀しみの果て」カレン・ブリクセンのアフリカの日々

「愛と哀しみの果て」はシドニー・ポラック監督による1985年公開の映画。 デンマークを代表する作家、カレン・ブリクセン*1(イサク・ディーネセン)の前半生、「アフリカの日々」をもとにしている。 彼女は「バベットの晩餐会」の原作者でもある。 あらすじ…

「007 スカイフォール」家族の愛憎と復活、ヒロインはM

「007 スカイフォール」はサム・メンデス監督による2012年公開の映画。 映画版『007シリーズ』として23作目、50周年記念作にあたる。 先日、現在公開中の最新作「007 スペクター」を除く全23作がAmazonのプライムビデオで公開されたのを機に観てみた。

「ダージリン急行」インド横断、仲の悪い兄弟の旅立ち

「ダージリン急行」はウェス・アンダーソン監督による2007年公開の映画。 疎遠になっていた兄弟が、異国の旅を通して家族の絆をとりもどそうとする。 あらすじ インドの長距離列車ダージリン急行の車内に、父の葬儀以来1年ぶりに兄弟が集まった。

「グッバイ、レーニン!」もう一つのドイツ統一、変わるものと変わらないもの

「グッバイ、レーニン!」は2003年公開のドイツ映画。 心臓発作で倒れた母のために、ベルリンの壁崩壊の事実を隠し通す。 あらすじ 1978年夏、東ドイツ初の宇宙飛行士ジークムント・イェーンを乗せたソユーズ31号が打ち上げられた*1日、アレックスの父は西ド…

「トト・ザ・ヒーロー」僕は君になりたかった

「トト・ザ・ヒーロー」はジャコ・ヴァン・ドルマル監督による1991年公開の映画。 あらすじ 「君を殺すぞ、アルフレッド」 老人ホームで余生を送るトマには、幼い頃から抱えてきたある思いがあった。 産院の火事によって取り違えられた赤ん坊。 自分が手に入…

「泥棒成金」偽物を追って宝石泥棒の新旧対決

「泥棒成金」はアルフレッド・ヒッチコック監督による1955年公開の映画。 盗難事件の容疑をかけられた男が自力で犯人を追う。 あらすじ フランスのリゾート地リヴィエラでは、近頃宝石の盗難事件が連続していた。 上層階の裕福な婦人ばかりを狙った鮮やかな…

Amazonプライムビデオでおすすめの映画を紹介するよ

2017/02/19 更新 Amazonプライムに登録して1年が経った。 プライムビデオを観るのが目的だったわけだけど、そのまま2年目も続行することとにした。 HuluやNetflixと比較するよりは、とりあえず入っとけばいいんじゃないのというポジションである。

「アナスタシア」記憶喪失の少女は元王女

「アナスタシア」は1997年公開のアニメ映画。 1917年に滅亡したロマノフ朝最後の王女アナスタシアの伝説をもとに描いたファンタジーロマンス。 あらすじ ロマノフ家統治300年を祝うパーティーで、アナスタシアは祖母であるマリー皇太后よりプレゼントを渡さ…

「あるいは裏切りという名の犬」愛と友情と憎しみの果てに

「あるいは裏切りという名の犬」は2004年公開のフランス映画。 1980年代に起きた現金強奪事件と警察内部の権力抗争、“ロワゾー事件”。 警察出身のオリヴィエ・マルシャル監督が、当事者ドミニク・ロワゾーを共同脚本に迎え、かつて親友だった二人の男の対立…

「メイジーの瞳」血のつながりは家族の必須条件ではない

「メイジーの瞳」は2013年公開(日本では2014年)の映画。 1897年に発表されたヘンリー・ジェイムズ*1の小説「メイジーの知ったこと」を現代のニューヨークに置き換え、家族のありかた、子供への愛情の必要性を問う。 あらすじ ニューヨークに住むメイジーは…

「ウォーム・ボディーズ」進撃のゾンビ、恋をする

「ウォーム・ボディーズ」はジョナサン・レヴィン監督による2013年公開の作品。 ポップでロックなゾンビ映画である。 普段ゾンビ映画を観ない、グロい描写が苦手な人にもおすすめ。 多くの映画で、駆逐される存在であったゾンビの側から人間を見ることができ…

映画「パプリカ」夢と現実の間に。必要なのは一振りのスパイス。

「パプリカ」は2006年に公開された今敏監督の4作目の作品。 虚構と現実の交錯は全作通して見られる特徴であるが、この「パプリカ」では夢の世界が境界を破って侵入してくる。 僕は今敏監督作品ではこれが一番好きだ。「千年女優」も捨てがたいけれど。 ただ…

「ヒックとドラゴン」唯一の悩みも、一緒だったら自慢になる

少年はドラゴンに「翼」をあたえ、ドラゴンは少年に「勇気」をあたえた 「ヒックとドラゴン」はディーン・デュボア監督によ2010年公開の3Dアニメ映画。 気弱なバイキングの少年と、怪我をして飛べなくなったドラゴンの友情を描く。

「さらば、わが愛/覇王別姫」京劇の世界を通した中国近代史

チェン・カイコー監督の「さらば、わが愛 覇王別姫」を観ました。 評価の高い割に、レンタルでは出回っていないようなんですよね。 いつか観たいと思いながら今日まできてしまったのですが、先日始まったNetflixの映画リストの中に見つけた時はうれしかった…