読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「とんがり帽子のアトリエ」6話(白浜鴎)見知らぬ町とドラゴンの脅威

本・漫画 本・漫画-とんがり帽子のアトリエ

漫画「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)6話扉絵

「とんがり帽子のアトリエ」は白浜鴎による漫画作品。

モーニング・ツーで連載中。

魔法使いキーフリーに弟子入りし、無事見習いとなった少女ココ。

街で絵本を売りつけた人物を見かけ後を追う。

前回はこちら。 

1巻は5話までを収録。

見知らぬ町とドラゴン

ココに合う魔法道具を選ぶため、アトリエから一番近い魔法使いの街カルンにやってきたキーフリーと弟子一行。

魔墨の抽出を見学し、魔法陣を描くためのペンを探しているココの前に、見覚えのある姿が映る。

魔材屋のウインドウ越しに、こちらを見ていた人影は、かつてココに魔法の絵本を売った人物だった。

衝動的に走り出したココを追ったテティアたちは、路地裏を入ったところで知らない町に飛ばされていた。

漫画「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)6話より、ドラゴンに遭遇するココたち

(「とんがり帽子のアトリエ」6話より) 

このような人体に直接作用する魔法は禁止されている。

謎の人物、「つばあり帽」の男はココを誘い出すための罠を張っていたのだった。

そこに現れたのは凶暴そうなドラゴン。

 

1話の羽馬車の馬型の生物、扉窓の外の湖にいた水竜など、この世界では異形の生物も存在する。

ココに懐いているフデムシとは違って今度のはヤバい雰囲気。

このピンチを切り抜けるにはみんなで協力するしかない。

漫画「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)6話より、テティアのオリジナル魔法

(「とんがり帽子のアトリエ」6話より) 

魔法の使い方は工夫次第で新しく発明することもできるようだ。

陣の要素の組み合わせで効果を調整しながら使用している。

テティアの子供の頃からの夢は空を飛ぶ雲を作り出すこと。

リチェは小さな魔法陣を短時間で描くことが得意。

アガットは精度の高い陣を描ける。

 

そして今のココができるのはアイデアを出すこと。

初心者だからこその自由な発想ができることもある。

漫画「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)6話より、ココの作戦

(「とんがり帽子のアトリエ」6話より) 

この失敗についての考え方もそう。

危険が及ばない範囲なら失敗をおそれることはない。

同じアトリエで暮らしながらバラバラだった四人が、同じ目的のためにひとつになる。

彼女たちが仲良くなるのにそんなに時間はかからないのかもしれない。 

漫画「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)6話より、ドラゴンに挑むココたち

(「とんがり帽子のアトリエ」6話より) 

ココとアガットもいいライバルになるような気がしてきた。

なかなかデレないけどね。

つばあり帽の男はなぜココを狙うのか。

禁止魔法に触れたことがあるからなのか、それとも他に何かあるのか。

あとがき

先月1巻が出たばかりだけど、続きが気になって最新話分まで買ってみた。

しばらく追ってみようと思う。 

 

関連記事