午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)ちょっと背伸びした恋の駆け引きがキュート

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)扉絵

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」はゆずチリによる漫画作品。

2018年8月よりWeb漫画サイトくらげバンチで短期集中連載として公開されたが、好評のため本格連載が決定した。

 

相川姫乃、小学4年生。同級生の逢司くんに、恋心を抱いているもののなぜか気持ちがうまく伝わらず――…。ちょっと“おませな”ラブコメディ開幕♪

(「姫乃ちゃんに恋はまだ早い - ゆずチリ / 第1話 | くらげバンチ」より)

おませな姫乃ちゃん

相川姫乃は恋をしている。

気になるそのお相手は、隣の席の堂本逢司(どうもと おうじ)。 

彼女なりに気持ちを伝えようとはしてみるものの、うまくいっている気はしない。

なぜなら、小学4年生の男子である逢司くんは、まだ恋に興味が無いのである。

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)より、姫乃ちゃんの呼び出し
(「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」より)

そして、姫乃ちゃんは素直ではないのであった。 

普段の彼女は、気が強くて「ちょっと男子ー」的な注意をするタイプの女の子。

教室やみんなの前では決してデレることのない女子なのである。

そんな相手に体育館裏に呼び出された逢司くんが警戒するのも無理はない。

ストレートに伝えたとしても、通じるかどうかはあやしいところだろう。

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)より、そんなに私を攻略したいんだー
(「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」より)

それでも、少しずつ距離は縮まっているようだ。

個人的に気に入っているのは、この「そんなに私を攻略したいんだー」の場面。

ゲーム好きな小学生男子の特性を利用して相性診断のアプリをやらせてみたところ、思ったよりも夢中になってくれていることに満足げな様子がかわいい。

実際には一方通行なのだけど、なんか幸せそうだしいいんじゃないのという気になってくるし、彼女の恋を応援したくもなってくる。

こういうすれ違いなら悪くないよね。

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)より、給食の苦手なおかずを食べてくれる逢司
(「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」より)

診断の結果がどうだったのか、恐いクラスメイトから友人へと昇格することには成功した模様。

給食で苦手なグリンピースを食べるのを協力してもらったりもしていた。

このとき、相川さん呼びから姫乃ちゃん呼びに変わっているのがいい。

それが恋に変わるのはあと何年か先だろうけど、むしろ恋人未満な今の状態が長く続けばいいなとも思う。 

「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」(ゆずチリ)より、姫乃ちゃんから映画のお誘い
(「姫乃ちゃんに恋はまだ早い」より)

お姉ちゃんには彼氏と思われていることを否定していなかった。

彼女がおませさんなのはこの姉の影響があるのだろう。

逢司くんには勝ち目はないのかもしれない。

 

単行本1巻は2月9日に発売される。

関連記事