午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「とんがり帽子のアトリエ」33話(白浜鴎)ベルダルートの再試験開始

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、アガットの砂の橋の魔法

「とんがり帽子のアトリエ」は白浜鴎による漫画作品。

月刊モーニング・ツーで2016年7月より連載を開始した。

 

前回はこちら。

魔法使いを目指すことになったココは、キーフリーに弟子入りする。ある日、同じ弟子であるアガット達が、「第2の試験」をうけることに。だが試験中に「つばあり帽」の妨害が入る。リチェ達の活躍もあり窮地は脱するが試験は中断、キーフリーは負傷。治療のために魔法使いの本拠地・大講堂に向かった一同は、三賢者からの再試を受けることになるが、その背後に、アガットの過去を知る少年の姿が…?

(「前回までのあらすじ:とんがり帽子のアトリエ」より)

試験初日の挑戦

三賢者の一人、ベルダルートによる再試験が始まった。

3日間の間に彼を魔法で驚かせることができたなら合格という条件である。

大講堂内でいつどこに現れるか知れないベルダルートを見つけ出して魔法を披露すること。

魔法そのものの精度はもちろんのこと、相手の予想を越えるものの必要がある。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、どんな魔法見ても驚く自信がある
(「とんがり帽子のアトリエ」33話より)

そしておそらくは楽しい驚きでなければならないだろう。

魔法使いの最高峰にいるベルダルートに何をすれば驚かせられるのか。

ありとあらゆる魔法を見尽くしているであろうし、これは難易度の高い試験になりそうだ。

初日は各自の持ちネタを披露したところ、それらを合体させた上位互換バージョンを見せつけられてしまっていた。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、テティアとリチェが挑戦
(「とんがり帽子のアトリエ」33話より)

楽しんではいそうなんだけど驚きまでは至らない様子。 

ベルダルートはこの試験に何を求めているんだろうね。

そこを見極めなければ合格は遠ざかってしまうのかもしれない。

手の内を見せた彼女たちの、ここからの足掻きと成長を見たいのだろうか。

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、もう驚けぬ
(「とんがり帽子のアトリエ」33話より)

驚かせる方法は、実は彼女たちの魔法でなくてもよかったりして…?

「自分たちの魔法で」とは言われてないのだけど、屁理屈だろうか。

蛇の背洞窟を自分たちの力で通り抜けた時点で合格は決まっていて、不測の事態で中断になってしまったがゆえに建前として再試験を用意したということも十分ありえる。

試験内容は、ベルダルート本人が楽しそうだからという理由で説明できそうだ。

大講堂の街中ではいつも子供たちに囲まれていて、彼らが成長していく姿を見守ることは生きがいでもあるんだろう。

今回の課題もその一環なのかもしれない。 

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、これは魔法使いへの依頼
(「とんがり帽子のアトリエ」33話より)

いずれにしても試験なので自力での突破は目指さなければならないのだけど。

オルーギオのアドバイスの言葉は、ココたちに足りなかった視点を教えてくれた。

これは魔法使いへの依頼なのだと。

よく観察して相手が求めているものを見せてやること。

ココは何かに気付いたみたいなのだけど…

「とんがり帽子のアトリエ」(白浜鴎)33話より、アガットの過去への思い
(「とんがり帽子のアトリエ」33話より)

それが何なのか、ちょっと想像がつかないなと。

 

ベルダルートを見ていて気になるのは足が不自由なのかもというところ。

椅子のような幻獣のような乗り物をつかっているけれど、子供たちと一緒に歩ければうれしいんじゃないだろうか。

そのへんに絡めていくのもありかな。

 

6巻の発売日は2019年11月21日に決定!

限定版は単行本未収録のイラストを収録したスケッチブック付き。

とんがり帽子のアトリエ(6)限定版 (プレミアムKC)

 

関連記事