午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「よふかしのうた」1巻(コトヤマ)眠れない夜に出会った二人のラブストーリー

「よふかしのうた」(コトヤマ)1巻(週刊少年サンデーコミックス)

「よふかしのうた」はコトヤマによる漫画作品。

週刊少年サンデーで2019年8月より連載を開始した。 

だがしかし」の完結から1年あまり、待望の新作は眠れない少年と夜に出会った女の子のラブストーリーである。

初回は1、2話同時に掲載された。

『だがしかし』のコトヤマ帰還! テーマは「夜」― ふたり たのし よふかしラブストーリー開幕! 

誰かが言った。人の血は、夜が一番うまいと。恋と青春は、真夜中に生まれる。これは、僕が、七草ナズナに恋をするための物語だ。

「よふかしのうた」(コトヤマ)1話より)

眠れない少年と吸血鬼を名乗る少女

些細なことが原因で学校に行かなくなった少年・夜守コウ。

彼の目下の悩みは、夜に眠れなくなったこと。

中学生のありあまるエネルギーを持て余した彼は、思い立って真夜中の散歩に出るのだが…

「よふかしのうた」(コトヤマ)1巻より、先っぽだけだから
(「よふかしのうた」1巻より)

道中、七草ナズナと名乗る少々変わった女の子と遭遇するのだった。

彼女もまた、夜の時間を好むタイプらしい。

これから、この二人によるラブストーリーが展開していくのだろう。

一見、なんの障害も無いようにも見えるが、少年が不登校になった理由は恋愛絡みであり、まだ恋がよく分からないためにうまく対応できなかった結果なのである。

一方、彼女の方も夜に徘徊しセクシーな格好をしていながら『恋』と口にするだけで照れる有様。

なので、これは必然の結果というよりは契約に近い。

道のりはまだまだ遠そうだ。 

「よふかしのうた」(コトヤマ)1巻より、人が吸血鬼に恋をすると
(「よふかしのうた」1巻より)

うまくいく頃には少年が復学する準備も整ってくるだろう。

1、2話ではこの二人の出会いまで。

次回は彼女の普段の生活が垣間見えるだろうか?

それっぽい雰囲気はしているが、まだ自称の範囲内に収まる程度ではあるのかな。

何となくファンタジー要素はあまり出してこないんじゃないかと思われる。

深夜に楽しめるあれこれをどのように描いていくのか楽しみだ。

人が吸血鬼になる方法

コトヤマ最新作『よふかしのうた』PV - YouTube

1巻のPVが公開された。

タイトルの由来は作者の好きなCreepy Nutsの同名曲からとのこと。

 

夜の町で出会った吸血鬼を名乗る少女ナズナ。

彼女の自由さと夜の魅力に惹かれた少年コウは、自分も吸血鬼になることを望むのだが…

眷属になるには、吸血鬼に恋をした状態で血を吸われる必要があるのだという。

今の彼らには少々難易度が高いのだ。

「よふかしのうた」(コトヤマ)1巻より、吸血鬼と空を飛ぶ
(「よふかしのうた」1巻より)

それらを知るためにも今しばらく時間が必要だろう。

そして二人の夜ふかしの日々が始まるのである。

 

単行本1巻の予約が開始された。発売日は11月18日。

関連記事