読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)高校女子サッカーにかける青春群像劇

本・漫画 本・漫画-さよなら私のクラマー

さよなら私のクラマー(1) (月刊少年マガジンコミックス)

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。

月刊少年マガジンで2016年6月号より連載を開始した。

表紙の女の子で、「さよならフットボール」の主人公、恩田希のその後の物語でもある。

私がパスを出すよ

中学時代、学校が近かったせいで常に試合で競ってきた二人、曽志崎緑と周防すみれ。 片や全国区で注目される選手、片やチームメイトにめぐまれない弱小校のエース。 周防の才能を惜しんだ曽志崎は、卒業後同じチームに行くことを提案する。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)が連載開始したので読んでみた。恩田希が新チームで再び登場! - 午前3時の太陽

その日、一緒に見に行った蕨青南と浦和邦成の試合、結果は大差だった。

浦和邦成は強豪で、曽志崎も誘われている高校。蕨青南はワラビーズと揶揄される弱小校。

そんな中で、蕨青南の選手の一人に目がとまる。

圧倒的な戦力差で孤軍奮闘していた彼女は、周防と境遇が似ていた。

突出した才能が、環境のせいで死んでいく

さよなら私のクラマー(新川直司)「一緒のチームに行こうよ」

(「さよなら私のクラマー」より)

一緒のチームに行こうよ。

曽志崎は強豪校への進学よりも、周防と一緒にプレイすることを選ぶ。

ゾクゾクするようなフットボールのために。

そして進学先の蕨青南で恩田希と出会うことになる。

女子サッカーの舞台へ 

中学時代、男子サッカー部に所属していた恩田希を女子サッカーの舞台へ送り出したのは藤一の鮫島監督だった。

試合にも出られないのに男子サッカー部を選ぶ理由は、レベルを落としたくないためと、スポーツ少年団から一緒のチームメイトとサッカーをやるのが楽しかったから。

人それぞれにふさわしい場所がある 

恩田希を試合で観たい。それは鮫島監督の望みであり三年間の葛藤で得た答えだ。 

 さよなら私のクラマー(新川直司)「お前は女子サッカーに行くんだ」

(「さよなら私のクラマー」より)

蕨青南の卒業生で、新コーチに就任した能見奈緒子の組んだ練習試合で、久乃木学園と当たる。 

春夏連覇、ほぼユース代表レベルの高校女子サッカー日本一のチーム。

勝ち目のない試合。

ボコボコにされるために来たんです 

能見コーチの意図とは。

目が離せない

大量得点差の一方的な試合。

勝ち負けは問題じゃない。

日本一のチームにどこまで通用するのか、圧倒的な実力差を見せつけられてもなお、顔を上げることができるのか。

上を目指して走りだす覚悟があるのか、私はそれが見たい 

さよなら私のクラマー(新川直司)「恩田って何なのよ?」

(「さよなら私のクラマー」より)

恩田は中学時代、男子とのフィジカルの差をテクニックでカバーしていた選手。

今ではその苦しんだフィジカルが恩田の強みになった。 

 

やられっぱなしでは終われない。

蕨青南の反撃なるか。

あとがき 

サッカーには人生のすべてがある

(デットマール・クラマー) 

連載開始から最速での1巻発売。

待望の「さよならフットボール」の続編。

表紙も連載開始時の周防すみれの絵が有力かと思ってたけど、練習試合で存在感の増している恩田希になった。

周防は2巻で本領発揮しそうだから次かな。

現状はモブだけど蕨青南の2番の選手も気になる。

 

2016年8月17日、Kindle版も同時配信。 

恩田希の中学時代を描く前日譚。 藤一のエリック・カントナ覚醒。全2巻。

前作「四月は君の嘘」の短編集も同時発売。

アニメ版DVDの特典として付けられた、5つの描きおろしエピソードを単行本化。 

関連記事