午前3時の太陽

映画と漫画と音楽と。

本・漫画-さよなら私のクラマー

「さよなら私のクラマー」15話(新川直司)異能の少女

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 15話は、決勝トーナメント蕨青南vs.浦和邦成の試合も終盤に突入、ワラビーズに大きなチャンスがやってくる。

「さよなら私のクラマー」14話(新川直司)お地蔵さんの本領

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 14話は、インターハイ県予選、恩田希が浦和ゴールに迫る。

「さよなら私のクラマー」3巻(新川直司)浦和邦成との再戦へ

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 月刊マガジンで連載中。 3巻は、1年生チームのフットサル大会参加とインターハイ県予選開始。 ユニフォーム代を稼ぎ出すため参加したフットサル大会。恩田達は、人数不足を補うため久乃木の佃と井藤を巻…

「さよなら私のクラマー」13話(新川直司)どうやったら勝てる?

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 13話は、インターハイ県予選の浦和邦成戦でお地蔵さんと呼ばれた恩田希が本領を発揮する。

「さよなら私のクラマー」12話(新川直司)チカ先輩

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 12話は、県予選決勝トーナメント、浦和邦成との試合が始まる。 今回はチカ先輩回。

「さよなら私のクラマー」11話(新川直司)埼玉の絶対王者

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 11話は、インターハイ県予選決勝トーナメントで浦和邦成と対戦。

「さよなら私のクラマー」10話(新川直司)インターハイ予選開幕

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 10話は、インターハイ予選が開始、蕨青南の進撃が始まる。

「さよなら私のクラマー」2巻(新川直司)練習試合の終わりと新たなはじまり

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 弱小蕨青南女子サッカー部、通称ワラビーズに集まった選手たちの群像劇。 2巻は、久乃木学園との練習試合も後半に入り、反撃を開始する。

「さよなら私のクラマー」9話(新川直司)作戦終了と新しいグラウンド

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 9話は、フットサル大会決勝戦でワラビーズとハイリーズが激突する。

「さよなら私のクラマー」8話(新川直司)フットサル大会決勝へ

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 8話は、久乃木学園の佃・井藤を加えたワラビーズのフットサル大会出場。

「さよなら私のクラマー」5話(新川直司)蕨青南の反撃

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 5話は、ついに蕨青南の、周防の反撃が開始する。

「さよなら私のクラマー」7話(新川直司)燃えるキャプテン田勢とフットサル

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 7話は、チーム力向上のために男女合同練習を希望するワラビーズに降りかかる難題。

「さよなら私のクラマー」4話(新川直司)私から目、離すなよ

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 久乃木学園との練習試合も後半に入り、ついに二桁得点をゆるす。 絶望的な点差に蕨青南の選手たちは。

「さよなら私のクラマー」6話(新川直司)新たな決意とユニフォーム

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 6話は高校女子サッカー日本一のチーム、久乃木学園との練習試合を終えた蕨青南サッカー部の決意。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)高校女子サッカーにかける青春群像劇

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 月刊少年マガジンで2016年6月号より連載を開始した。 表紙の女の子で、「さよならフットボール」の主人公、恩田希のその後の物語でもある。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)が連載開始したので読んでみた。恩田希が新チームで再び登場!

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。 2016年6月号より月刊少年マガジンで連載を開始した。

「さよならフットボール」性別の壁に向き合うサッカー少女の挑戦(新川直司)

「さよならフットボール」は新川直司による漫画作品。 恩田希は、藤第一中学の男子サッカー部に所属する14歳の女の子。 あだ名は藤一のエリック・カントナ*1。 スポーツ少年団の頃から周囲を圧倒するテクニックを持っていたが、成長期の男子選手たちに体格で…