午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「BURN THE WITCH」(久保帯人)裏ロンドンの魔女とドラゴンたちの世界

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)扉絵

「BURN THE WITCH」は久保帯人による漫画作品。

2018年7月14日発売の週刊少年ジャンプ 2018年33号で読み切り掲載された。

創刊50周年記念の企画の一つとして、「BLEACH」以来2年振りの新作である。

魔女、ドラゴン、リバースロンドン――

「BLEACH」の久保帯人が切り拓く、新たなる地平!! 

裏ロンドンの魔女

新橋のえる(ニーハ)はロンドンにあるサウス・ブラクストン高に通う高校生。

彼女に好意を寄せている先輩バルゴの待伏せをかわすのが日課になっている。

先輩の口癖は「パンツ見せて」だが、格闘技の心得のある彼女を前に実現する気配はない。

 

相棒のニニー・スパンコールは、テレビのCMにも出演するちょっとした有名人。

口は悪いが明快な性格で人気はあるようだ。

二人はロンドンの裏側にある自然ドラゴン保護管理機関「ウイング・バインド」に所属する「魔女」である。

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)より、もう一つの尸魂界とドラゴンに乗る魔女
(「BURN THE WITCH」より) 

この世界では表側で制御できない異形の生物をドラゴンと呼んでおり、その管理は裏側の住人に委ねられている。

ドラゴンは必ずしも凶暴なわけではなく共存の道が模索されていて、直接の接触が必要な業務では彼女たち「笛吹き隊(パイパーズ)」への依頼がくるようだ。

何でも屋みたいなイメージかな。

ニニーのセリフからは過酷な環境へも派遣されることが伺われるが、概ね平和的な仕事であるらしい。

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)より、ドラゴン退治の依頼
(「BURN THE WITCH」より) 

今回は、彼女たちに凶暴化したドラゴンの退治依頼がくるエピソード。

のえるが即答で断るように、本来の業務の範囲ではない。

彼女は今の仕事が気に入っていて、危険を伴う厄介な仕事には興味がないらしい。

一方、ニニーはもともと戦術隊(サーベルズ)志望で、ドラゴンの脅威からロンドンを守る活躍をしたいと考えている。

どこまでも正反対な二人である。

それでいてコンビ仲は悪くもなさそうだ。

のえるはニニーをちゃん付けで呼ぶし、ニニーはのえるのニーハの呼び名をかわいいと思っている。

ダークドラゴンとの対決

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)より、パンツを見たがるドラゴン
(「BURN THE WITCH」より) 

そんな二人がドラゴン退治に選ばれたのは、人手不足に加え、地理的な理由があった。

見慣れた街並みに、なぜかパンツを見たがるドラゴン。

完全にではなくとも、心当たりがあるはずだ。

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)より、ドラゴンの言葉に取り乱すニーハ
(「BURN THE WITCH」より) 

普段はクールなのえるが珍しく取り乱すとこのギャップがいい。

ニニーがそれを見てニヤニヤしたくなるのもわかる。

毎回返り討ちにしていた先輩のことも憎からず思っていたのかな。

 

ドラゴンは人の負の感情を吸収し、やがてはダークドラゴンへと変貌する。

その過程で人語を操る個体もいる模様。

それはコミュニケーションも可能だということでもあるが、人とドラゴンは分かり合えないのだろうか。

情が移っていると思われる場面もあったが、個別のケースにとどまるのかもしれない。 

週刊少年ジャンプ読み切り「BURN THE WITCH」(久保帯人)より、ドラゴンに蹴りを入れる新橋のえる
(「BURN THE WITCH」より) 

ダークドラゴンは飽くまで倒すべき対象としてとらえられている。

のえるの容赦の無さも潔い。

本職ではない割には高い戦闘能力を持つ彼女たちが、これから活躍の場を広げていくのだろうか。

最終ページの演出も話題になった本作だが、今のところ連載化の予定はなさそうだ。

年末に発売されるイラスト集に収録されることが発表されている。

最後の意味深な言葉、「この世界は終わらない」に期待したいところなんだけどね。

 

関連記事