午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「さよなら私のクラマー」42話(新川直司)白鳥ついに覚醒!?

「さよなら私のクラマー」(新川直司)42話より、監督のマネをする越前

「さよなら私のクラマー」は新川直司による漫画作品。

月刊少年マガジンで2016年5月より連載を開始した。

42話は、左サイドに移っていた白鳥に変化が見られる。

 

前回はこちら。 

主役は最後に登場するものよ

蕨青南の選手たちの決断に、深津監督が動いた。

6番の小紫に代えて越前を投入し、興蓮館の攻撃の芽を潰しにかかる。

前試合での彼女の働きぶりは相手も把握済みで警戒はしてくると思うが、勝ちを諦めていない選手たちへの後押しとなるだろう。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)42話より、視界が開けた白鳥
(「さよなら私のクラマー」42話より) 

右サイドへ移った周防の活躍は監督の期待通りであったとして、もうひとりの白鳥はと言うと…

いつもと違う感覚に戸惑っていた。

けれど調子が悪いわけではない。

むしろ所々キレのある動きを見せているし、オフサイドを取られて無効になったものの、DFを振りきってゴールも奪って見せた。

オフサイドなのはいつも通りと言えなくもないが、今日の彼女は一味違うようなのだ。

球技大会でも活躍していたように運動は元々得意な方だしポテンシャルは感じさせるものを持っている。

そんな彼女をサッカーに駆り立てるものが何なのか、描かれる日が楽しみだったりする。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)42話より、白鳥を左サイドに置いた理由
(「さよなら私のクラマー」42話より) 

白鳥に不足しているものは経験なのではないかという気がしているのだけれど。

そもそも中学時代にサッカー部に所属していたのかどうかも不明なのであった。

そんな状態でもスタメンを外れたことがないというのはすごいのではないだろうか。

いつか彼女の活躍でワラビーズが救われる日が来ないとも限らない。

それがこの試合になったりするのか?

「さよなら私のクラマー」(新川直司)42話より、フットボールが楽しくて仕方ない
(「さよなら私のクラマー」42話より) 

深津監督も試行錯誤の中で彼女の生かし方を掴みかけているようだ。

オフサイドを取られるのは狙いはいいはずだから、攻めた結果として開眼を待ちたい。

案外、本人の言う通りパス次第で化けたりして。

「さよなら私のクラマー」(新川直司)42話より、あの駄鳥が初めて活躍してるよ
(「さよなら私のクラマー」42話より) 

白鳥の時代、来てもいいよ?

あと能見コーチ、スワンに対して辛辣過ぎじゃないですかね。

 

関連記事