午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「あやかしトライアングル」4話(矢吹健太朗)シロガネと同居開始! 賑やかになった風巻家

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)4話より、妖を手懐ける幼女すず

「あやかしトライアングル」は矢吹健太朗による漫画作品。

2020年6月より週刊少年ジャンプで連載を開始した。

4話は、風巻家に居候することになったシロガネだったが…

 

『ToLOVEる』矢吹健太朗最新作!

不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...? 妖の禁術で女の子になってしまった祭里。幼馴染のすずを妖から守れ!

(あらすじ:「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)より)

 

前回はこちら。

[第1話]あやかしトライアングル/ジャンプ本誌新連載マンガ試し読み - 矢吹健太朗 | 少年ジャンプ+

新しいペットは妖の王

幼馴染のすずを狙う妖・シロガネを監視下に置くため、家で飼うことにした祭里。

それは、力を封じている巻物を常に狙われることも意味している。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)4話より、シロガネに寝込みを襲われる祭里
(「あやかしトライアングル」4話より)

寝ている間も気が抜けない日々が始まるが、それでも目の届かないところで悪さをされるよりはましなのかもしれない。

このシロガネ、どうやら祭里の祖父の風巻清弦とは昔馴染みらしい。

若い頃は戦いを繰り広げた仲なのだろうか。 

こうして並んでいると余生を楽しむご隠居と老猫といった趣で、ほのぼのしているくらいなのであるが。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)4話より、祭里の祖父とシロガネは顔見知り
(「あやかしトライアングル」4話より)

アイドル動画を見て、のあたり趣味が合いそうなので、いい話し相手になるのではなかろうか。

本来の力から言えばシロガネが最大の敵であるのは間違いなさそうだけど、むしろ時に共闘関係になったりするポジションだろうね。

強い妖力を得るための餌として狙われるすずも、逆にシロガネを餌付けしようとするたくましさがある。

祭里に会いに来る理由にもなるだろうし、シロガネもおいしいものが食べられてうれしいに違いない。

そして毎日来るつもりだなこれ。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)4話より、シロガネを餌付けするすず
(「あやかしトライアングル」4話より)

今回は祭里とすずの幼い日の出会いも描かれた。

人ではないものが視えることに怯えていた少年が、彼女と知り合ったことで変わっていく。

この頃から無意識に妖巫女の力を使っていたんだろうね。

どんな妖でも仲良くなることは可能だと思ってそう。

シロガネは話はわかりそうなところがあるから、いずれはいい相棒になっていくのかも。

気になるのは例の性醒流転の術をまだ使えるのかどうか。

風巻家を襲う敵をことごとく性転換する流れになったりして?

 

関連記事