午前3時の太陽

おすすめの漫画と注目の新刊コミックのレビューブログ

「あやかしトライアングル」7話(矢吹健太朗)妖巫女のキスで術は解けるのか?

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)7話より、キスで祭里の術が解けるなら

「あやかしトライアングル」は矢吹健太朗による漫画作品。

2020年6月より週刊少年ジャンプで連載を開始した。

7話は、すずが持っている妖巫女の力について。

『ToLOVEる』矢吹健太朗最新作!

不思議な妖怪「妖(あやかし)」がいる日本。妖と戦う忍者「祓忍」の風巻祭里は、幼なじみで妖が好きな少女・花奏すずを守るべく日々妖と戦う。だがそこに猫の妖シロガネが現れて...? 妖の禁術で女の子になってしまった祭里。幼馴染のすずを妖から守れ!

(あらすじ:「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)より)

 

前回はこちら。

妖巫女の言い伝え

花鳥風月のメンバーとも少しずつ打ち解けることができた祭里。

スキンシップが苦手というのも、祖父との二人暮らしで育った彼?には無理からぬ話である。

妖が視えることで友人と呼べる相手もすずくらいだったのもあり、恋愛ごとには疎いようだ。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)7話より、結婚前のキスはだめ?
(「あやかしトライアングル」7話より) 

それも想像以上に潔癖な様子。

これでは確かにおっぱい揉まれるなんて以ての外だろうね。

すずとの間が進展するのはまだまだ先になるのか、それとも恋人関係になることにはそれほど抵抗がないとかなのか。

子供時代のぼっち属性がギャップ萌えに生かされるとは、益々隙のないヒロインぶりである。

祭里の場合、すずに対する憧れから始まってるようなので、より特別な存在として認識しているのかもしれない。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)7話より、すずが妖かもしれない?
(「あやかしトライアングル」7話より) 

そんなすずに、ある疑惑が持ち上がる。

一部の昔話では、妖巫女が人と妖の2つを兼ね備えた存在として伝わっているというのである。

幼馴染みの祭里からして見れば、彼女には人間の両親がいて、妖たちとも仲良くできること以外は普通の女の子でしかない。

ただその分、未知の領域も多いため、言い伝えや文献に残る姿も無視できないのが実情だった。

完全に覚醒したとき、どのような力を見せるのか、そして人々はそれをどう思うのか。

両方の性質を兼ね備えていて、溢れる生命力で相手を活性化させるというのであれば、人間に対しても効果はあるのだろうか。

「あやかしトライアングル」(矢吹健太朗)7話より、極上のきびだんごを目指すすず
(「あやかしトライアングル」7話より) 

つまりは祭里を一時的に元気にさせることができるとか?

キスをしたら何かが起こってしまうフラグだったりして。

それが性醒流転を活性化させるものなのか、能力をブーストさせるものなのかは次回以降のお楽しみである。

そしてすずのモノローグにある「キスで解けるならかんたん」の部分にも期待したい。

 

関連記事